« 梅沢富夫 大先生 曰く | トップページ | オワリはじまり (中編) »

2016年7月 7日 (木)

オワリはじまり (前編)


本日は。朝一で豊橋市アイプラザへ。以前から お伝えしておりました「東三河南北圏域合同 地域移行・定置支援研修」に、覚悟を決め、臨んでまいりました!(  ̄^ ̄)ゞ

昨年度 愛知県精神保健センターが中心となり開催した国(中央研修)を受け、2度 開催された県としての伝達研修。その締め括りは「それぞれの圏域で、それぞれの市町村で。」というものを、東三河南北圏域が「ならば。やんべ。」ってことになり。「ならば あらい君。あんたが創りなはれ。」ってことになり。5ヶ月という時間を要し、よくやく「実施」となった次第。

っていうか。もともと南部圏域の江川アドバイザーは「県研修との連動性・整合性ある圏域研修」のあり方に、並々ならぬ思いもあったことから、双方の狙いが合致したってことでもあります。



って。ここまでの経緯は、ここでも何度も触れてきましたので、ご存じの方も少なくないかと。あらいとしては、大事なテーマである研修ということは勿論ですが、個人的にも「男として」必死に取り組んだ、メチャクチャ気合いを入れて取り組んだ、そんな研修でございます。先人として、後人に「見せておかねばならない」背中と思い、取り組んだ研修でございます。我ながら『よく頑張った~!(ToT)』が本音です。

ってことで、朝9時。東三河南北圏域の地域アドバイザー、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、そして田原市の基幹相談支援センターの長が集結し開会準備。あらためて、全員集結する様は、正に圧巻!見惚れてしまうほど。そんな中、創造させて頂いた責任者として あらいから一日の流れと、今回の研修の目的と獲得目標について ご説明させて頂き、いよいよ開会の10時。


終わりではなく 始まり(前編)


江川アドバイザー、鈴木ASK代表の背中越しに見る会場には、圏域内の行政担当者と各市の委託事業所、そして「学ぶ姿勢」を持つ相談支援事業所 ずらーりと居並ばれ、更には保健所、愛知県東三河福祉センター、そして医療機関からもご参加頂き、純粋な受講者だけで 70名を超える盛況ぶりに、っていうか、圏域レベルの研修では「ありえない~!!!(゚ロ゚屮)屮」って感じ。

企画側の人間として、江川アドバイザーと共に安堵したのと、正直『よくぞ ここまで…。』と江川・長坂両アドバイザーのご尽力に感謝するばかりの あらいでございました。<(_ _)>



ってことで。愛知県東三河福祉センター長からの開会挨拶に続き、まずは、あらいの拙い お話から。受講者皆さんに対し「地域移行って知ってますか?」的な お話から。「名前は知ってる。」ではなく、法に何て定められているか?の確認から入り、法 第5条16項の「相談支援とは」から始め18項の「地域移行」とは  をメチャクチャ丁寧に。そして保健・医療機関の皆さまに対しては「精神保健福祉法」に、そして「精神保健福祉士協会」に記されたミッションを全員で確認しました。


Img_5386

(phot by 江川アドバイザー 感謝です。)

「経験や勘だけでは支援ではない」と言われて幾久しいですよね。我々の職務が法に何と定められているかを知らずして、その職責を果たすことなど出来るはずはないですもんね。個別給付となっている「地域移行」、退院に関わられた相談支援専門員の中で、どれだけの人が利用か否かを「聞かれた」でしょうか?もっというと、その方が対象者か否かを確認されたでしょうか?知っていたら聞けたかも知れないですね。



で、次は。圏域で医療関係者向けにリーフレットを作成することとなった根幹である田原市での活動と、そこに賭けた思いを、ひらまつぴー、可知記念病院 佐藤PSW、そして県研修の中心で活動した中川さんと一緒に皆さんに お伝えしました。如何に「医療と福祉」は繋がるか?繋がるために何から始めるか?たくさん議論した内容の一部を皆さんと共有しました。

特に大事にしたことは。ただ「繋がる」といっても、よく「顔が見える関係」といいますが、そこから始まるのは確か。ですが、次のステップは「共に動き、共に汗をかき、そして共に涙し、共に喜ぶ」ことと あらいは思っております。これは、医療も、福祉も同様な思いは持っている。が、それに至ってないのは、お互いに「一歩」が踏み出せていないからでは?を共有したいってことです。


Img_2835

(phot by 江川アドバイザー これまた感謝です。)

PSW魂 を持つ3人。本当に真摯に あらいのムチャブリに答えて下さいましたし、応えて下さいました。感謝です。<(_ _)>



ここで前半戦終了。午前の部の総括を、北部圏域アドバイザーの長坂さんから頂き昼休憩へ。 この段階で 既にヘロヘロ感イッパイの あらい…。習うべき、習うべき研修が見つからない中での研修創出となり、これで『良いのか…?イケてるのか…?』分からないまま この日を迎えましたが、この段階でもまだ『これで良いのか…?これでイケてるのか…?』の思いは変わることなく…。

昼ごはんの味を感じることのないまま、午後の部に突入!となった次第にございます…。(ToT)  ってことで~!午後は、ひらまつぴーも参戦しての演習。ひらまつぴーと共に試行錯誤しながら創りました。決して「書き方研修」にしない!が、この研修を終えた後、受講者皆さんが「ヨシ!分かった!作成出来る!」って思える演習。必死に創った演習の時間です。


ってことで。前編の終わりぃ。続きは明日…には…。<(_ _)>


arai

|

« 梅沢富夫 大先生 曰く | トップページ | オワリはじまり (中編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/63884223

この記事へのトラックバック一覧です: オワリはじまり (前編):

« 梅沢富夫 大先生 曰く | トップページ | オワリはじまり (中編) »