« 「指導」 と 「支援」 | トップページ | 齢五十二 »

2017年2月24日 (金)

代理の代理の…


本日は。午後一で愛知県 三の丸会館へ。「愛知県障害者虐待防止・差別解消推進協議会」へ。この「明らかに」場違いな場所に行くこととなった理由ですが…。

この県の冠を配した会議の委員に同じ冠を配している「相談支援専門員協会(ASK)」の役員を担わせて頂いております関係で、代表の代理の代理の…。って感じで…。「力不足ゆえ…。」と お断りはさせて頂いたのですが、メンバー皆さんから「うるせぇ。いけ。(-""-;) 」という、心強い応援メッセージも頂き、心して参戦させて頂いた次第です。あぁ…。(T_T)


代理の代理の…



ってことで。2時開会。愛知県が把握する虐待防止、差別解消の状況や取り組みの対応報告を順次され、議論。詳細は控えますが、ASKとして『どーしても!』の思いで2点、ご意見させて頂きました。痩せても枯れてもASKっすから!



一つは、障害者虐待防止研修に関すること。これ、愛知県としては夏に開催されている国レベルでの指導者養成研修と兼ね合わせた感じで秋以降に開催されておりまして、ここに全面協力させて頂いております。で、我らは、その研修とも連動する形で専門コース別研修を開催し、愛知県で「本気で!」虐待を無くす取り組みに挑んでいます。で。これは、随分前からASK内で話し合われていたことでもあるんですが…

この虐待防止研修で、我らASKとしては「対応窓口」として市町村職員向けと、対応協力者という位置付けはともかく 「相談支援専門員」の そもそものミッションとして、っていう2方向に研修を組み立てています。が、この市町村職員向けの開催時期が『秋では遅い』と。ようは、相談支援専門員の異動は行政職員ほど激しくはないので、秋以降でも 納得出来る(勿論!)早い方がいいっすけど!)のですが、今年度のように10月開催では、せっかく学んでも「残り半年」では、いかんともし難く。しかも、翌年は別の課に…。何てことになったら…。笑えないっすよね。行政の感度が悪ければ、虐待を見過ごされてしまう訳ですから。



ので、あらためて。ASK「熊谷ワーク」を中心とした市町村職員向け研修、例えはASK自主事業として開催することは吝かでないとして、愛知県として各市町村に向けて「必須研修!絶対参加!」の通知を出すくらいの協働をもって実施することの提案をさせて頂きました。そうすれば、相談支援専門員向け研修は「そもそも我らのミッションは「権利擁護」であり、虐待の早期発見、早期対応である!」をド真ん中にしたカリキュラムが組める訳で。

これが出来れば。受講される側からすれば、その専門性というか職責に合致した研修を選択出来るわけですし、学びを実践に活かせるし。とすれば愛知県としても、ASKとしても「遣り甲斐ある」研修を提供出来るわけですし。ようは「近江商法」がごとく「三方良し」となるかと!否、絶対なるし!(  ̄^ ̄)ゞ



と、もう一つ。障害者差別解消法の取り組み。先の障害者虐待防止法については厚労省管轄ってこともあり、愛知県としても障害福祉課が丁寧に研修を重ねてきていますが、この法は内閣府が管轄してるってこともあり、障害福祉課が「えいや!」とは やりづらいというか、どこに向かって何の研修を…ってなことで、質の向上的な研修は その性質上 難しく…。

ではあるにして。未だに、職員向けの「対応要領」が未作成の市町村があることを鑑みると『どうしていいのか…分かりませんがぁ…。』ってことなんだと思えます。で、あるのであれば、その苦慮している市町村職員さんに対し何らかのアナウンスをすることは、この市町村を統括する愛知県として必要ではないのか、ってことを、お伝えさせて頂きました。

あ。ついでに…っていうか、市町村教育委員会と学校に対して。現場レベルが この障害者差別解消法(教育では権利条約でしょうが)の意味するところと、具体的な「差別とは」、「合理的配慮とは」の理解が徹底される、そんな仕掛け?仕組みが必要では?みたいな話も、ちゃっかり させて頂きました。言いたいことは、基本、言えたかな。あ。また、嫌われちゃったかしら…。はは…。f(^ー^;



代理の代理の…


ってことで。若干の意見交換の時間を経て、定刻を少し回ったところで閉会に。代理の代理の…的な参戦ではありましたが、ASKの看板に泥を塗るような、名を汚すようなことなく終えられたことが何よりの収穫かと。Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

ただ。「言うだけ」の組織ではない訳で。例え、あらいごときが「吹いた」戯れ言であったとしても、メンバー皆さん、必死に形にしてくれる!そんなメンバーでありますから、逆に これから!の方がメチャクチャ大変なことになるのだと。でも、これも、やはり、メンバー一同からは「あほ」と叱られることとしても、みんな必死に闘ってくれることと、信じて、しかも全く!疑いません!(  ̄^ ̄)ゞ


arai

|

« 「指導」 と 「支援」 | トップページ | 齢五十二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/64934962

この記事へのトラックバック一覧です: 代理の代理の…:

« 「指導」 と 「支援」 | トップページ | 齢五十二 »