« ゴッチャゴチャで… | トップページ | 座右の銘 »

2017年5月13日 (土)

東三河北部圏域の「本気」


本日は、新城市へ。東三河北部圏域での研修に お声掛けを頂きまして。お声掛け下さったのは、この圏域の地域アドバイザー長坂さん。この段階で『お断り出来ようはずはなく…。』は ご理解頂けるかと…。(;・ω・)  年度が変わった早々、今日の研修の ご依頼を頂きました。

ご依頼頂いたテーマは、あらためて「地域移行・地域定着支援について」。今年1月に県から公表された精神科病院からの「地域移行支援」の実績。この結果を受けて、長坂さんは自身が耕し続ける実績を確認して、その職責を重く捉え「研修が必要」と考えられたそう。こんな お話を聴かせて頂いて断るなんて出来っこなく。否、奮い起たないわけはなく!ってことで、飯田線に飛び乗り馳せ参じた次第に ございます!(  ̄^ ̄)ゞ



で。今日の お話のベースは、昨年度 東三河南北部圏域で合同開催した同タイトルの研修を「ダイジェスト」ではなく、あくまでコンパクトに まとめたもの。どこかを省くことなく、そのミッションと この研修を実践へと活用・変換するためのノウハウを 余すところなく伝える、ってもの。遣り甲斐あるでしよ?



東三河北部圏域の「本気」


ってことで。長坂アドバイザーの開会挨拶、今日の研修の趣旨等を経て、あらいの出番。前半は、障害者総合支援法に定義される「地域相談」、精神保健福祉法、精神保健福祉士法を確認し、あらいも含む会場にみえる全ての皆さんの「責務」を確認。このテーマでの お話で必ず お伝えして頂いているのは、「社会的復権」と「地域生活移行」の2点。この2点の実現を担う我ら「支援者」の職責を、必死に お話させて頂きました。


で、後半は演習。これもまた「話を聴いて終わり」では、聴いて「解った気になってしまう」では、実践に活かせないと感じていまして。どんなに短い時間であったとしても実際に やってみることが大事。少なくとも考えてみること。と思っておりますので、ひらまつぴーと泣きながら(ひらまつぴーが泣きながら?)が作成したものを、これもまたコンパクトにして。皆さん、本当に真剣に向き合って下さいました。たくさん議論して下さいました。感激でした。



18402838_626923387510546_2673868198

(phot by 長坂さま 感謝でごじます。<(_ _)>)


まとめは。精神保健の現状と地域移行・地域定着支援に関する課題と今後について お話させて頂き、3時間という時間を終えました。長坂さんの「思い」に、「願い」に、どこまで お応えすることが出来たか不安ではありますが、長坂さんの「熱」を、その長坂さんが耕し続ける まちの皆さんに、少しでも伝達・伝承 出来たのであれば幸いです。<(_ _)>

最後の一枚は。この研修を一緒に、泣きながら創った ひらまつぴーの名前も入れさせて頂きました。( ^ω^ )


東三河北部圏域の「本気」



このオーダーを頂いた際、長坂さんは「どうあれ、こうした結果が出たのだから、地域アドバイザーとして取り組まなければいけない。」と仰ってみえました。更には「新城市以北と田原市。共通項が多い中で、その田原市の精神保健分野の活動を知る必要があるんです。」的な お話がありました。地域アドバイザーとしての「責任を果たす」という覚悟を感じました。こうした覚悟を持ったアドバイザーがいる まちと、そうでない まちとでは、この先、更に その地域間格差は広がっていくのでしょうね。



ってことで。この圏域に、新城市に来て、このまま帰ることなどあろうはずはなく!この圏域には長坂さんはじめダイスキ~!な人が たくさんみえるわけで~!そりゃ「帰りませ~ん!付き合って下さ~い!」でございます~!(≧▽≦)

先に会場へ到着の長坂さん、小林さんと、久しぶりに、本当に じっくり語り合えた時間でした。この お二人との時間が何よりの学びでしたし、何よりの ご褒美です。(^-^)v   で、少し間を空けて渡邉さんと新城保健所さんらも加わって下さり賑やかに。


東三河北部圏域の「本気」


渡邉さん。実は、今回の研修に参加されていませんでした。勿論、参加予定ではいて下さったのですが。詳細は控えますが、夜を徹する緊急対応で、正に必死に、精神保健分野の現場で闘っていました。必死に生きづらさを抱える方に寄り添っていました。「チーム新城」を編成し、一人ではなく、行政も、そして長坂さんはじめ母体である法人も含めた皆さんと、必死に。あらいの軟弱な話よりも、何倍も、何百倍も、否、何万倍もステキな学びがあったことかと。



ということで。いつものように新城市からの最終電車で帰路に着きました。駅までの短い時間でしたが渡邉さんと。暫くお会いしていませんでしたが、メチャクチャ『成長したなぁ。』と。ステキな基幹相談センター、創ってね。で、また語ろうね。

で。駅では長坂さんが、遅れて小林さんも。お三方とガッチリ握手をして新城市をあとにしました。お話をさせて頂きに伺ったのですが、こちらが たくさん学ばせて頂いた感じです。そして地域アドバイザーとしての長坂さんの覚悟と、東三河北部圏域の「本気」に触れ『ボクも、田原市も、メチャクチャ頑張るぜ!』との思いを強く持ちました。感謝でございます!(  ̄^ ̄)ゞ


長坂さん、ステキな学びの機会を頂き、本当に ありがとうございました。若輩者で、軟弱者の あらいではございますが、引き続き ご指導下さいますよう よろしくお願い致します。本当に。本当に。<(_ _)>


arai

|

« ゴッチャゴチャで… | トップページ | 座右の銘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/65273241

この記事へのトラックバック一覧です: 東三河北部圏域の「本気」:

« ゴッチャゴチャで… | トップページ | 座右の銘 »