« 支援に魂を込め | トップページ | 東三河南部圏域も「発進!」 »

2017年6月 3日 (土)

尾張東部圏域の「取り組み」


昨日は、午後から瀬戸保健所さんから お声掛けを頂き、「精神障害のある方の地域移行・定着研修」で お話させて頂きました。と言っても お伺いしたのは瀬戸市ではなく、瀬戸保健所管内の「精神保健福祉関係機関連絡会議 地域移行部会」が主催ってことで圏域内の日進市で。<(_ _)>

っことで、研修。先日の東三河北部圏域での同研修と同じ、昨年度 東三河南部研修で実施した これまた同タイトルの研修の座学を中心として、この尾張東部圏域の相談支援に携わる方は勿論、精神科病院のワーカーさん、行政担当者さんまで総勢 60名を超える皆さんが ご参加下さり、力一杯!お話させて頂いてきました。ありがたや~!でございますぅ。

ってことで。会場に到着後、瀬戸保健所の課長補佐さま、そして超多忙の中 駆け付けて下さった この圏域の地域アドバイザーの川上さんと少し打ち合わせやらフランクに意見交換やらの時間のあと、いよいよ!開会でございます。(`ー´ゞ



障害者総合支援法に、精神保健福祉法に込められた願いを、そして我ら相談支援専門員に、精神保健福祉士に託されたミッションを確認したあと、法第5条16項から21項までを解説し、あらためて 18項及び 19項、そして厚労省からの各通知関連を丁寧に お伝えさせて頂き、そもそも「相談支援とは」「地域相談とは」、「精神保健福祉とは」を参加者皆さんと共有しました。

失礼を承知で…。この「基本中の基本」。けっこう軽んぜられている?ような気がしています。自分の仕事が何なのかを知らずに出来る仕事って、普通 ないですよね。でも、「相談支援」と大きく括られると、何となく『出来てる』って思えちゃったりして。だから、この平成24年に法に定められた「第5条 18項」は触れられずにきてしまっているのでは…と。


Img_20170605_224528


今日ご参加下さった方の ほとんどには、また先日の東三河北部圏域の皆さんのほとんどには「釈迦に説法」のような時間であったかと思うのですが、でも、この基本は繰り返し繰り返し語り続ける、伝え続けることが大事だと思っています。だから。今日も しっかりと お話を頂きました。あらい自信も「忘れないよう」に。

っことで。研修の最後、地域アドバイザーの川上さんのステキな ご挨拶、決意を持って閉会となりました。瀬戸保健所さま、そして尾張東部圏域の皆さま。どこまでお役に立てることが出来た不安ではありますが、今年度、実績があがることを切に願います。その時に あらいは胸を撫で下ろさせて頂きます。それこそが、今日の研修の、あらいに対する評価・結果であろうと。<(_ _)>



っことで。懇親会に お声掛けを頂き、あらいにとっての学びは本格化していきましてぇ~!ここからは同志の熊谷さんや、尾張東部圏域の成年後見センター住田さん、そして、今回の企画のというか あらいに「ひま?来るよねぇ?( ̄ー+ ̄)」と お電話下さった、ある意味「張本人」の伊藤さんも参戦され、ナント!総勢で20名を超える大宴会!賑やかに~!(≧▽≦)

この皆さんとの語らいは大盛り上がりで!川上さんと久しぶりに。住田さんと意思決定支援について、そして伊藤さんには「顔に泥を塗ることなく。<(_ _)>」とご挨拶して。一次会?を終えた後も「次。行くぜ。( ̄ー+ ̄)」の流れで終電まで。ただ あらいがお話させて頂くだけではなく、こうした「この地域」の現場の話を聴かせて頂けるのは、何とも ありがたく。あまりに楽しく、写真…撮り忘れた~!気が付いたのは知立駅の乗り換え時~!ヽ(´▽`)/


取り組みは 始まっている



先月は「東三河北部」、今日は「尾張東部」、そして来月は我らが「東三河南部」で相談支援専門員の「その人らしく暮らす権利を護る」ために、精神保健福祉士の皆さんがミッションとする「社会的復権」に関する研修を開催に。その我らが圏域では、江川地域アドバイザーの命を受け、ただ今、「昨年度の研修を「凌駕」してみせる!」の思いで、相談支援専門員だけでなく、病院のPSWも保健所さんも共に、正に「官民協働」で必死に研修を練り込んでいます!こうご期待っす!(  ̄^ ̄)ゞ



でね。この研修依頼を受けたのは昨年度末、確か3月のこと。先の東三河北部の長坂さんも同じ理由での依頼でした。それは、1月末に愛知県から発表された精神科病院からの地域移行者数の結果受けてのこと。『何とかしたい』の思いでありました。確か長坂さんは「アドバイザー(の職責)として」と仰ってみえたかと。この思いに呼応して門外漢ではありますが『少しでも お力になれるのであれば!』の思いで、圏域を勝手に代表して馳せ参じた次第。

(東三河北部圏域の研修の様子)
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2017/05/post-0fd0.html


病院で、そして皆さんのまちの片隅で、我らが現れるのを「じっと」待ってて下さる方のために、それぞれの まちの取り組みは「始まっています」。尾張東部圏域は瀬戸保健所さんに事務局を置いた「地域移行部会」をアドバイザーと連携して立ち上げられました。皆さんの まちは、圏域は どうですか?


arai

|

« 支援に魂を込め | トップページ | 東三河南部圏域も「発進!」 »

コメント

新井さま

尾張東部圏域の川上です。

昨日は、遠路はるばるそして長時間にわたりありがとうございました。

昨年、瀬戸保健所を事務局に地域移行部会を設置し、研修会・懇親会など重ねてきました。
2月に江川アドバイザーにおいでいただき、東三河南部圏域の取り組みを学ぶ、そして、昨日、新井さんにその想い・ミッションを注入していただきました。
本当にありがとうございました。

電話一本で集まれる関係作り、チーム作りを進めていきたいと思いを強くしました。
わが尾張東部圏域でも利用者さんと「坂の上の喫茶店でコーラで乾杯」できる地域・暮らし続けることのできる地域にしていきたいと思います。

今後もご指導をよろしくお願いします。

投稿: 尾張東部の川上です。 | 2017年6月 3日 (土) 11時14分

尾張東部圏域の川上さま

こちらこそ、思いかけず久しぶりに川上さんとお話することが出来、楽しい時間となりました。感謝でした。<(_ _)>

で。控えでお伺いした この瀬戸保健所を事務局とした部会の立ち上げ、マジで「さすが川上さんやなぁ~!(v^ー゜)」と敬服しました。誰かが、何処かが、ではなく、みんなで、そして役割は担うべき人が担うべきものを、っていう原理原則に則ってですもんね。やっぱ、スゲエ!っす。

我らが圏域の江川アドバイザーも、そして先の東三河北部圏域の長坂さんも、しっかりと「保健所」さんとコミットするために活動されていて、若輩者あらいとすると『見習わねば。<(_ _)>』の思いを強くしました。

で。また何かお役に立てますことがあれば、何なりとお申し付け下さいませ。馳せ参じますゆえ。で、その時は、ゆっくりとお話を聴かせて下さいませ。よろしくでございます!(  ̄^ ̄)ゞ

投稿: あらい | 2017年6月 3日 (土) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/65363371

この記事へのトラックバック一覧です: 尾張東部圏域の「取り組み」:

« 支援に魂を込め | トップページ | 東三河南部圏域も「発進!」 »