« 「地域生活支援拠点」を真ん中に | トップページ | 凌駕すべく (後編) »

2017年7月 8日 (土)

凌駕すべく (前編)


昨日は朝一で豊橋市へ。愛知県東三河総合庁舎へ。東三河南部圏域 地域アドバイザー事業「地域移行・地域定着支援研修」への参戦のためでございます!(  ̄^ ̄)ゞ

昨年度に引き続きの開催となる本研修。今年度も約70名の方が ご参加下さり、関係者を含めと80名を超えるというステキな研修となったことは昨年度同様なのですが、進化?深化?したのは、精神科病院や行政関係に お勤めの方の参加者が「マジかーっ!!(゜ロ゜ノ)ノ」ってくらい増えまして、ナント!26名!本当に多くの医療関係の皆さんがご参加して頂けています。

もっという、今年度は愛知県 こころの健康推進室 障害保健G 担当主任さまも「一緒に勉強させて下さい。(^-^)」と!この「地域移行・定着」を官民協働で、医療と福祉が連携して「必死に」取り組んでいこう!って覚悟です!いや~ステキ過ぎる~!(T-T)



でね。今日の開催は、昨年度の閉会時に、地域アドバイザーの江川さんから「来年度も やるぜ!」との宣言があり、必然?当然?であったのですが、この一言で あらい、そして一緒に創った 蒲郡市 中川さんは背中に冷たい汗が流れ…。だってぇ、このアドバイザー、同じものを続けてやることに満足なんぞされる分けはなく。新たな仕組み、取り組みを参加者皆さんに『届けて当然。( ☆∀☆)』って方ですから。こういうとこ「ド」真面目な先輩っすから~!(≧∇≦)

ってことで。今年度早々から中川さんと共に「昨年度を凌駕する」研修の創出のために、必死に語り合い、動き、依頼し、今日を迎えました。でも、結果的には、昨年度の身内、ようは「研修を届ける側」の、登壇する側の人数は大幅に増え、そして他機関に及ぶこととなりました。やはり、憂いている、憤っているばかりでは何も変わらない。まずは動かないと。ってことを改めて確認することが出来ました。感謝です。<(_ _)>

ってことで。朝9時に集合。豊橋市基幹相談センター とよはし総合相談支援センターさんを中心に会場設営。慌ただしく準備を終え、で!10時。いよいよ!開会の時間!(  ̄^ ̄)ゞ



平成29年度 東三河南部圏域 地域アドバイザー事業

地域移行・地域定着研修


凌駕すべく(前編)


愛知県地域福祉課 杉浦主幹の挨拶に続き江川アドバイザーからガイダンスと、そして この研修に込める『思い』についての お話の後、昨年度同様、まずは あらいから!<(_ _)>


地域移行・地域定着支援を理解する
~ネットワークと社会資源を活用する~

まずは。この地域移行研修を創出する きっかけとなった愛知県が調査した「地域相談に拠らない精神障害者の退院支援について」の結果に愕然としたこと。愕然としたのは、その数値的なものではなく、相談支援専門性の「法 第5条 16項から21項」の無理解、ようは相談支援専門員の「職業倫理」の乏しさであることを。そして精神保健福祉法 第1条および第4条を、更には精神保健福祉士法の理解を進めました。


Img_20170708_223218


続けて。障害者総合支援法、精神保健福祉法の両法に記されている「相まって」の意味をベースに病院ワーカーならびに精神保健福祉士の職責を理解することから始めました。勿論、地方自治法、地方公務員法も。何より、日本精神保健福祉士協会が掲げる「社会的復権」の意味するものについて共有し、会場にみえる全ての皆さんが、何のために存在するのか?誰のために存在するのか?そして何を成すべきか?を確認しました。



その後は。あらためて 法 第5条18項および19項の理解を具体的に、そして その活用例を田原市の実践をベースに、正に「畳み掛ける」ように60分間 お話させて頂きました。平成24年から必死に学び、必死に取り組んだ、その全てを、この 60分間に込めて。江川アドバイザー、そして中川さんと確認した「昨年度を凌駕すべく」必死で。


凌駕すべく(前編)



ってことで。あらいとしての「60分間」の職責を果たし中川さんにバトンタッチ。次の世代にバトンタッチ。(  ̄^ ̄)ゞ


地域移行支援を行った相談支援専門員・
       精神保健福祉士よりの実践報告


昨年度はシンポジウム形式で、相談支援専門性と精神科病院ケースワーカーさんとの「真の連携」のあり方について議論したのですが、今年度は「その先」をテーマに、各々の立場で精神科病院に入院中の方に寄り添い、社会復帰に、そして社会的復権に奮闘した そのリアリティある報告をして頂き、地域相談を「特別な人だけが出来る、特別な支援」にしないための時間。

ド緊張の面持ちの中川さんの進行でスタート。で、実践報告の前に豊川保健所 加藤さんから愛知県の現状報告をリアリティあるデータで。しかも、その中から東三河南部圏域のデータも抜き出して頂き、更に解りやすく。感謝感激でした。(T-T)


凌駕すべく(後編)



ってことで。続きは後編で。暫しお待ちを。<(_ _)>


arai

|

« 「地域生活支援拠点」を真ん中に | トップページ | 凌駕すべく (後編) »

コメント

昨日はお疲れ様でした🌼すごく素敵な研修とお疲れ様会でした🍺今後ともよろしくお願いします。

投稿: ふじた | 2017年7月 8日 (土) 13時54分

ふじたさま

こちらこそ、メチャクチャ楽しくも深く学ぶことが出来、また その時間を官民で、医療と福祉の仲間と共に過ごせたことに、感激イッパイ!の時間となりました~!

ってことで、こちらこそ、これからも ヨロシクでございます!で、また ゆっくり、じっくりお話ししましょう~!<(_ _)>

投稿: あらい | 2017年7月 8日 (土) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/65507712

この記事へのトラックバック一覧です: 凌駕すべく (前編):

« 「地域生活支援拠点」を真ん中に | トップページ | 凌駕すべく (後編) »