« Re:<無線>行方不明者保護 | トップページ | 「地域生活支援拠点」を真ん中に »

2017年7月 3日 (月)

重責を負い


昨日は、朝一で名古屋市へ。ウィルあいちへ。平成29年度 愛知県相談支援従事者 現任研修へ。これを皮切りに今年度の県のベーシックな研修がスタートとなります!あらいごときではありますが、今年も必死に走りきりたい!と思います!(  ̄^ ̄)ゞ

で。今年度で愛知県の現任研修は12回を数え、840名もの方が受講されているそうです。歴史ある感じですね。で、今年の受講者は 200名を少し超えた感じ。平成24年度からの計画騒乱を機に相談支援という職に就いた方が昨年度くらいから受講にみえることから、随分と賑やかな感じの現任研修となっております。我らが田原市からは4名が受講させて頂きます。よろしくでございます。<(_ _)>


重責を負い


ってことで。開場と同時に我らも集合。直ぐ様 打ち合わせ。といっても、この現任研修 全3日間の初日は講義。4つのテーマで この現任研修を貫く理念を胸に刻む時間となります。このメチャクチャ「怖い」役割を、今年度も あらいごときではありますが担わせて頂きます…。し、しかも…今年度のキャストは例年の比ではなく…。理由は…これ。


重責を負い


智敦さんの「施策の動向とケアマネ・プロセス」、片桐 新虐待防止専門官の「基本姿勢」、熊谷さんの「地域生活支援事業」を拝聴しての あらいの出番「協議会」ってことで…。この豪華絢爛な方々の後に…。罰ゲームですよね…。はは…。(T-T) でも…あらいも男の子の端くれ!ここに挙げて下さった皆さんの期待に「必ず応える」の思いで、打ち合わせの時間を過ごしました。




重責を負い


ってことで。9時半、こじまさんのガイダンスで開会。直後に壇上に上がるのは愛知の至宝 鈴木智敦さん。前の相談支援専門官。焼け石の栗どころか鋼鉄がドロドロに溶けた溶鉱炉に身を投じた「漢」から。「施策の動向とケアマネジメント・プロセス」から今年度の愛知県はスタートです!(  ̄^ ̄)ゞ



で、詳細ですが…愛知県の場合、この講義内容を 纏めるのも課題となっておりますので、残念ではありますが ここでは控えますね。なにせ以前「ほぼほぼコピペ」なんていう残念な受講者さんが多々みえたそうで…。ま、配慮の足らないボクも悪いのですが…。f(^^;    でも。コピペしてもらって結構!なのは、今日の智敦さんの話は「キレッキレ」だったかと。

相談支援専門官時代には言いづらいこともあったかと思いますし、何より「今、あらためて」相談支援とは何ぞやを語らねば!という覚悟みたいな、思いの強さみたいなものが感じられました。やはり。愛知の至宝です。

ってことで、片桐新専門官に続き、あらいと同じく こじまさんからの直談判に屈した同志 熊谷さんの日進市というより熊谷豊の実践報告と その根拠の お話の後、いよいよ あらいの出番。テーマは「協議会」!(  ̄^ ̄)ゞ



重責を負い


ここ数年、この講義を仰せつかっております。今年度も けっこう早い時期に こじまさんから「顔、貸しな。」と ご連絡を頂いて以来、その こじまさんと これまた 結構 突っ込んで意見交換してきました。例年以上に。理由は明白。この協議会の運営というか活性化の理解が一向に進んでいないという現実が背景にあります。そう、この責任の多くは このテーマを担う あらいにある!と、自分自身 深く感じております。

そんなこんながありまして。メチャクチャ「気合い」を入れて、120分という時間に挑みました。マジな話、大袈裟な話をはなく、智敦さんの話との繋がりを意識しながら、熊谷さんが創ってくれた流れを止めることのないようしながら、重責を負っていることを自覚しながら、あらためて「協議会の活性化は「個別の支援会議」が命綱」であることを、お話させて頂きました。が、これ以上は止めておきますね。課題は、ご自身の思いを書いて下さいね。ご自身のためですからね。<(_ _)>



でもね。話を終えて講師陣のもとに戻ると、ヘロヘロ、ボロボロの あらいに野崎さんから「もう酸素マスクじゃなくて来年はAEDがいるね。」と労りの声を頂き、閉会直後には熊谷さんがスゲェ優しい顔で「来年は こんな風に あらいさんが話さなくてもいいようになると いいね。」という一言を、そして こじまさんから何の言葉もなかったですが、でも、ボクには彼の顔を見ただけで分かりました。『ボクは。頑張りきったんだ。』と。

正直、泣きそうでした。ヘロヘロの あらいには染みました。感謝でした。(T-T)

重責を負い


っていうことで。いつものように反省会へ!思うことは多々ありますが、明確に言えることは『若い世代の台頭』です。そして、少し、また少しと力をつけていること。かと。この世代に何を、どう繋ぐのか、そして何を託すのかを終電の時間まで しっかり話し合いました。やはり、あらいにとって こうした時間は宴席ではなく「学びの時間」です。



っていうことで。とにかく!重責を負い挑んだ今年度の現任研修。どこまで ご満足頂けるもの、ご期待に添えるものであったかは些か不安ではありますが、とにかく!とにかく!無事に終えることが出来ました。感謝です。


arai

|

« Re:<無線>行方不明者保護 | トップページ | 「地域生活支援拠点」を真ん中に »

コメント

昨日はありがとうございました。
新井さんの協議会の話は熱意とストーリーが感じられて元気になれましたよ。

投稿: メグの妻 | 2017年7月 3日 (月) 21時31分

お疲れ様でした。

講義の感想については、2軒目の居酒屋でお話しした通りです(・∀・)ニヤニヤ

講義後、実習ガイダンスのために登壇させていただきましたが、マジで汗臭く・・・ちょっと引きました
(゚ー゚;

まずは順調にスタート!ですね。

投稿: こじま | 2017年7月 4日 (火) 06時54分

メグの妻さま

遅くまで お付き合い頂き、感謝でした~!

っていうか、久しぶりに、だったはずですが、あまり久しぶり感がなかった、そんな時間でした。ただただ楽しく飲み語り出来た、ステキな時間でした~!(^-^)

と。マジな話。メグの妻さま…否、あらためて なかのさまに こう評してもらうと、安堵します。と、嬉しいですわ。ありがと。(//∇//)


と、こじまさま

いろいろと思うことがあります。が、二件目で こじまさんの思いというか、決意というか、そんなんを お聴かせ頂き、まだまだ「自分の役割がある」ことを自覚した次第。グチグチ言ってゴメンナサイ。m(_ _)m

で!汗臭くてゴメンナサイね!なにせ、本気モードで必死でしたからね!ううっ…。(T-T)

初任の鯱城も、この現任も、あらいの出番はラストでしたので安心してましたが、これからは8×4を持参し、脱臭炭を首から下げて挑むことにします~!(//∇//)

と。来年度、また選んでもらえた時の目標として、こじまさんや智さん、熊谷さんのように「スマートに」熱さを表現できる男の子になりま~す!(=^・・^=)

とにかく。こじまさんから「順調にスタート」という言葉を頂き、智さんや熊谷さんに ご迷惑を掛けることがなかったことに安堵し、そして大役を果たせたことが確認出来た、そんなステキな朝でございます。( ̄ー ̄ゞ

投稿: あらい | 2017年7月 4日 (火) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/65487645

この記事へのトラックバック一覧です: 重責を負い:

« Re:<無線>行方不明者保護 | トップページ | 「地域生活支援拠点」を真ん中に »