« 認めざるを得ない… | トップページ | 聴くことこそ 最大の権利擁護 »

2017年8月 6日 (日)

「地域協議会」の内包


ってことで、一昨日は… (はは…。´・ω・`)    「協議会マンスリー」最後の部会となります「権利擁護部会」が開催されました~!前日の圏域会議での内容も若干 盛り込みたく、ギリギリまでドタバタしましたが、この部会の担当 ひらまつぴーと二人して、必死に間に合わせた~!って感じでございます。(^-^)


ってことで、午後2時、会長である田原市社協 岩瀬係長の挨拶で開会。今回の議題は大きく2つです(  ̄^ ̄)ゞ

まずは。昨年度一年 掛けて議論してきた障害者差別解消法における「障害者差別解消支援地域協議会(以下「地域協議会」)設置について。ひらまつぴーから、ざっくりと障害者差別解消法と そこに記される地域協議会についての解説。それを受け、地域福祉課より要綱と構成委員とその選考理由について丁寧に。で、まとめとして あらいから、今後と圏域レベルでの動きについてを。

簡単にご説明しますと。年3回 開催される この権利擁護部会の「2回目」に、この差別解消支援地域協議会を内包するカタチとしました。国が示した構成委員案と田原市の権利擁護部会 構成が 大きな差異がないことから、ならば!このメンバーに不足する、応援頂ける委員に参戦願おう!って言うことでございます。これ、障害者支援検討会が教育委員会主催 委員会と合同で開催しているのと似た感じでございます。


「地域協議会」の内包



この地域協議会の設置。平成27年度 最後の全体会議の前に開催した「障害者差別解消法の理解」記念講演を担って下さった、内閣府 委員でもある雲上人@田中正博さまが、そのまま会議にオブザーバーとして ご参加下さり、で、その中で事務局に対し「で。地域協議会。どうするのぉ?」ってな ご質問があり…。で、予期せぬ ご質問に大慌ての我らでしたが、腹を括った継ぐ者 山本さんが「権利擁護部会に内包」と返答したことから始まりました。

(2016.03.23 雲上人 再び(後編)
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2016/03/index.html

法施行から一年と4ヶ月が経過しましたが、なんとか!本当に なんとか!雲上人と継ぐ者との約束を果たせました。と要っても、設置が目的ではなく、機能させることが目的な訳ですから、これからが大変!!(゜ロ゜ノ)ノ  なのですが、取り合えず「小さく産んで 大きく育てる」計画をスタートさせることが出来ました。ひらまつぴーと「頑張らねば!」を確認しました。(`ー´ゞ



で、最後は。あらいから「「共生社会の実現」に向けた田原市の今後」について。国が示す「我が事・丸ごと」の資料に加え、先のASK総会・研修会での大平専門官の資料、ふわりんクルージョンでの熊木さんの資料を ズラーッ!並べ、それに その時々に発せられた言葉も紹介しながら「今後、田原市は、あらためて「地域包括ケアシステム」を練らないといけない。」ことを ご紹介。



思うこと多々あり…詳細は控えますが…。ただ、国の施策の方向性を お伝えしただけですのに…何だか、あらいが「悪者」になった感じで…。内心『オレが言ってんじゃねぇよ!国が言ってんだからね!!』と。そして『地域包括ケアシステムに、特に精神障害者が含まれていないってことは「差別です。」っていうのは大平専門官の言葉ですからね!』と。もっと言うと、だから社会福祉法も、介護保険法も、障害者総合支援法も、児童福祉法も一部改正されたんですもんね。そうですよね!ね!

えーい!もっともっと言うと。65歳を超えた方が、例えば総合病院の内科からの退院が決まり、介護保険の利用を希望したとして、その聞き取りには包括さんが行ったとして。それが、例えば精神科病院からの退院であった時に、うちじゃないっていうのは法上「マズイ」ですよ。同じように聞き取りに行って、介護保険の申請やらを進め、で、連携先として うちを混ぜてね。で、非該当等とかになったら うちが「グン!」と出ますからね。』という入り口の話が…。

ヤメとこ。ツラくなってきた…。と、ひらまつぴーに またキツく叱られるから…。(T-T)



ただ。高齢福祉課 クレバー三宅から発せられた、この大きな、そして枠組みを越えた議論は、ここで担うには荷が重くはないか的な話と、それを踏まえ この部会から全体会議へ提言するというのも一つの案では、ってな話は『さすがや。』と思いました。三宅さん自体、田原市の福祉を長く支えて来られた、そして思いの強い行政マン。この「我が丸」について 思うことは多々あろうかと思いますが、こうした「前へ!」って発言が出ること自体、やはり尊敬すべき行政マンであると実感します。(  ̄^ ̄)ゞ

ま。この話も、前日の圏域会議での議論となりましたし、愛知県も保健所として高齢分野に伝えていくってことになっていくようなので、あらいは これ以上、悪者にも、嫌われ者にもなりたくないですから、ひっそりと身を潜めていたいと思う次第にございます。なにせ…小心者っすから。はは…。(´・ω・`)



ってことで。これで全部会が終了しました。あとは半月後の全体会議に向け まとめを行うのみ!となりました。事務局皆さん!もう一踏ん張りですね!最後まで しっかり走りきりましょう!

ってことで。現在2時半。今夜は これにて寝ます。


arai

|

« 認めざるを得ない… | トップページ | 聴くことこそ 最大の権利擁護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/65625853

この記事へのトラックバック一覧です: 「地域協議会」の内包:

« 認めざるを得ない… | トップページ | 聴くことこそ 最大の権利擁護 »