« 千客万来… | トップページ | 「 ペンギンが空を飛ぶ vol.27 」 »

2017年8月 8日 (火)

続く 活性化策


昨夜遅く、東海地方に再接近となった台風5号。今のところ田原市での大きな被害等々の知らせはなく、まずは安堵でございます。が、全国あちこちで大きな事故の知らせが耳に入ってきます。被害にあわれた皆さん、お見舞い申し上げます。そして、これから台風の進路にあたられる地域の皆さん、くれぐれも お気をつけ下さい。

そんな今朝。その台風の関係で開催が危ぶまれはしましたが、無事に8月度の田原市協議会運営会議を開催することが出来ました。ありがたやでございます。<(_ _)>



ってことで。今月の主なテーマは「今後の運営会議のあり方について」と、何とも大胆不敵なもの。だって そうですよね。毎月毎月 クソ忙しい中、時間を割いてお出まし下さる皆さんに「今後の「あり方」」なんて議題で ご議論 頂く訳ですので。下手すりゃ『文句でもあんの!?』って思われかねないタイトルですもんね。

ってことで。なぜ、今日、この議題なのかを ご説明を。あらいから平成17年度の障害者自立支援法 施行前夜から、厚生労働省が『如何に この協議会を重要と考えてきたか』について、その当時の資料から 今に至るまでに厚生労働省が示してきた資料を丁寧に解説。そして、そのPPT資料一枚一枚に則しながら丁寧に田原市障害者自立支援協議会を創ってきたという歴史までを。


続く 活性化策


で、あらためて。熱血を持って田原市障害者福祉に取り組んできた漢と、そして それを継ぐことミッションとした漢との議論の中、この「運営会議」に託した思いと、そして その理想と現実について、失礼を承知で お話させて頂きました。勿論!この会議を、委員皆さんを否定した話ではなく、託した夢に向かう「途中」である今、これから「どこを目指して」いくのか!?という話でございます。



詳細は控えめすが、あらためて「運営会議」に託した目的と機能は、協議会全体で旦保・確保しなければいけない機能として法施行時に示された6つの機能うちの「情報」「調整」「教育」そして「評価」の各機能であることを確認した上で、更に上を目指すために、力ない我ら事務局メンバーに対する「SV」機能であることを お願いさせて頂きました。

で、この思いを しっかりと汲み取って下さった会長である重鎮 鎌田さんが、それぞれに「鍵」を握る委員さんに対し的確に振り意見を求めて下さり、運営会議の目指す「姿」を共有して下さいました。でもね。あらいからの説明を終え「では、会長。取り回し、お願いします。」という無茶ぶりのあと、重鎮 鎌田さんが一瞬眉間に皺がよりはしたものの、すぐさま『こうした無茶ぶり。たまらんぜぇ~!』と言わんばかりに「ニヤリ」とした表情、しかと確認させて頂きました。本当に、本当に感謝です。<(_ _)>



ここでも、何度となく ご紹介してまいりましたが、昨年度「ブッ壊す」をテーマに取り組んだ「協議会改革」。事務局、そして各部会と取り組んできた今、田原市協議会の「核」である この運営会議までに及びました。ある意味「チャレンジ」ではありますが、あきらめることなく、満足することなく、協議会を更に「活性化」させるためのチャレンジは続いていきます。こえして、ずーっと続けていきます。


arai

|

« 千客万来… | トップページ | 「 ペンギンが空を飛ぶ vol.27 」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/65640815

この記事へのトラックバック一覧です: 続く 活性化策:

« 千客万来… | トップページ | 「 ペンギンが空を飛ぶ vol.27 」 »