« コーンポタージュ | トップページ | 圏域という「まちづくり」 »

2017年12月 1日 (金)

重責を痛感


あらいの今の お役は「田原市障害者総合総合センター長」でございまして、このセンターは法に定められた「基幹相談支援センター」に位置付けられます。相談支援体制の整備と その質の向上は勿論のこと「まちづくり」に直結する責務を負っています。


ここのところ…追われています…。


田原市はコンサルタントに頼ることなく、自前で作成し続けている障害福祉計画、更に今回から始まる障害児福祉計画にも、魂を込める役割を頂いておりまして、連日、地域福祉課さんと子育て支援課さんとで「ワァワァ!」しております。議会・委員会との兼ね合いもあり、期日が迫り騒ぎが「ギャーギャー!」という悲鳴に変わりつつあります…。(`ロ´;)

田原市で生きづらさを抱え必死に暮らされる方を支えを担う大事な計画。この一助となる お役目、生半可な気持ちでは関われません。必死に、正に必死に向き合っております。



時も時。今月は協議会マンスリー。っていうか、既に突入しておりまして、実は先週「就労検討会」、もっというと昨日は「支援検討会」でして、教育機関、保育機関も、そして行政各部局と「ワァワァ!」しました。大事な、大事な会議となることもあり、普段は あまり全面には出ないようにしているのですが、今回ばかりはファシリテーターとして「ワァワァ!」しました。

日々の業務も当然あります。必死に駆けずり回り、必死に応えようとするセンター メンバーの苦悩に寄り添い、時に助言をさせて頂いています。昨日は、事業所からの依頼に応える「出前研修」で、ふれあいの家さんのスタッフ研修で お話をさせて頂き、人権擁護委員さまからの ご依頼に応える形で市内 県立高校 生徒さん向けの資料を作成しております。本当に遣り甲斐を感じます。


重責を痛感


基幹相談支援センターの長としての遣り甲斐を強く感じると共に、その職責の重さを痛感し、押し潰されそうな毎日ではありますが、今日の協議会部会で、笑顔で お褒め下さった 田原市のイケてる お母ちゃん軍団に救われながら、この重い職責に『まだまだ!イクぜ!』の思いを強くする日々でもあります。<(_ _)>


arai

|

« コーンポタージュ | トップページ | 圏域という「まちづくり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/66108420

この記事へのトラックバック一覧です: 重責を痛感:

« コーンポタージュ | トップページ | 圏域という「まちづくり」 »