« ふわりんクルージョン 2018 (最終編) | トップページ | 自業自得 »

2018年1月26日 (金)

見せましょう 底力を!

本日は、小雪舞う半田市の常宿で、泥のように液状化した状態で目覚め…。半田市の仲間と共に、憎き お酒をこの世から消滅しようと、4軒ハシゴして闘いを挑んだのですが全く歯が立たず…っていうか、正に「酒に呑まれた」感じで。4軒目のお店は2軒目のお店だったり…店主に「おかえり!」って言われちゃって。はは…情けない…。

で、でも…メチャクチャ楽しかったです~!(≧∇≦)



で、半田市での目覚めの理由。本日 開催された「半田市障がい者虐待防止研修」で お話させて頂くために前乗りし、「決起集会」にございます!事前の打ち合わせは半田市相談支援センター小島さん、市 渡辺さんと「しっかりと!」やりきった感はありましたが、それでも「半田市で権利の話」をするっていうのは、けっこうなプレッシャーで…。しかも、その事前の打ち合わせでも お二人から半田市の熱を感じさせて頂いておりましてので、そりゃ気合いも入るってもんで。ので、4軒のハシゴになった次第。^_^;

この研修、今年度で3回目となりますが、ありがたいかな担わせ続けて頂いております。内心『飽きないのかしら…(゚A゚;)』との思いもあるのですが、半田市さんからは「うるさい。つべこべ言わず。来なさい。(-゛-メ)」と お声掛け頂くものですから、ノコノコと今年も伺わせて頂いた次第にございますぅ。<(_ _)>



ってことで。朝9時半、半田市役所大会議室へ。前日『何時まで ご一緒頂いたのかさら…?』という主催皆さんにご挨拶させて頂き、最後列で出陣の時間を待ちました。( ̄ー ̄)

降雪で道路状態も悪い中にも関わらず…平日の朝というにも関わらず…しかも3年連続の『あらいですが…^_^; 』にも関わらず 80名近い方が お集まり下さいました。恐縮する思いは相変わらずありましたが、この時は、その思い以上に『よっしゃーっ!やったるわーいっ!カモォォォンщ(゚Д゚щ) 』の思いの方が勝っておりました。

ってことで。小島さんの開会挨拶で、すぐさま あらいの出番。準備は万全で挑みました。事前の打ち合わせで半田市のお二人から「通報義務の徹底」をメインテーマに「障害福祉従事者の質の向上」という双方から攻め、本気で虐待「0」を目指すことを目的とすること確認しておりましたので、これに応える闘いの始まりにございます!(  ̄^ ̄)ゞ



思いを「権利意識の希薄さに気づく ~本気で虐待を「0」にするために~」という研修タイトルに託し、あらいに頂いた 110分を目一杯 使い、いつものように関係法の理解と法の変遷からみる権利意識の高まり、数多く起こる虐待(犯罪)報道からみる権利意識の気迫さの気付きと職業倫理の乏しさを。続けて「虐待を未然に防ぐ」ための合理的配慮の理解と活用、フットワーク、ネットワーク、チームワークの重要性、そして再度 職業倫理の乏しさを。


見せましょう!底力を


まとめは、人権は国家以前のものであり、命は地球よりも重いということ。そして、生きる主体は ご本人であり、その人らしい暮らしを、我らが勝手に変えてはいけないことを強く訴えさせて頂き、そのための唯一無二の方策は「聴くこと」であり、それこそが「最大の権利擁護」であるという優さんの教えを共有しました。

研修最後の言葉は、2011年4月のプロ野球開幕での楽天イーグルス 嶋選手の開会挨拶を ご紹介させて頂きました。



「誰かのために闘う人間は強いということ。
絶対に乗り切りましょう。この時を。
絶対に勝ち抜きましょう。この時を。
今、この時を乗り越えた向こう側には、
強くなった自分と明るい未来が待っている。
絶対に見せましょう。東北の底力を!」



半田市が本当に虐待「0」を目指すのであれば、我らの支援者を名乗るものは、本気で、時に命懸けで闘わなければならないのだと。誰のために、何のために存在し、何を成さねばならないかを胸に刻み その職責を果たさねばならないのか。あらいの思いの丈を ぶつけさせて頂きました。極寒の中、破れた革の手袋で必死に作業する漢の、その手袋を背中に負いながら。必死に。誰かのために闘う人間となろうと。

110分の闘いを終え、ヘロヘロながら最後列にいる半田市の仲間のもとへ。前では、この日を迎えるまで、あらいと共に必死に研修と向き合ってくれた小島さんが閉会の挨拶と今後の「夢」を語ってみえました。それをまた、共に向き合ってくれた市 渡辺さんたちと聞きました。ヘロヘロに変わりはありませんが、でも、元気を頂けました。感謝です。<(_ _)>


Img_20180127_153052


小島さん、渡辺さん。お二人の思いに添うことが出来たでしょうか。ご期待に応えることは出来たでしょうか。精一杯で、目一杯で挑みましたことは嘘偽りなく。また お聞かせ下さいませ。


ってことで。3年連続となる これもた荒行となった半田市での虐待防止研修、無事に終えることが出来ました。安堵感からか、はたまた解放感?疲労感?からメチャクチャ眠気に襲われながらの帰路となりましたが、達成感も大きくあったことも、これまた嘘偽りない思いにございます。

虐待「0」を目指して
絶対に見せましょう。半田市の底力を!<(_ _)>


arai

|

« ふわりんクルージョン 2018 (最終編) | トップページ | 自業自得 »

コメント

新井さんほんとに本当にありがとうございました。
私からのメインオーダーである新井さんの熱風を半田に吹き込んでいただくミッションは、多くの受講者が火傷をおっていました。もちろん私自身も闘魂を注入していただき、来週の新規採用職員向け解消法研修、来月の新任監督職員向け解消法研修に向けて、メラメラと燃えてくる気持ちがこみ上げています。
半田の底力を見せられるよう!また、見せ続けられるよう!官民力を合わせて頑張ります‼
何卒今後ともお力添えいただきますよう、お願いいたします。
半田市ワタナベ

投稿: 渡辺 | 2018年1月28日 (日) 12時12分

渡辺さま

本当に お世話になりました。

晴れた日に海の向こうに微かに見える まちの皆さんと、あんなに親しく、そして熱く語り合えることが出来ることに、まず感謝します。しかも深夜に至るまで、そして朝早くから総出で オモテナシまで。本当に感激です。m(_ _)m

研修。無事に終えることが出来ました。まずは安堵です。

今回の研修、あらいの中で一つのチャレンジでした。それは、毎年「恒例」として頂いているのに見合うだけの内容となっているのか?主催者皆さん、ご参加下さる皆さんの期待に応えることが出来ているか?そんなこんな頭の中のモヤモヤを「晴らす!」と。

その時。たった お一人であるかも知れない『熱風』という期待には『必ず応えてみせる』の覚悟を持ち、資料作成から当日まで歯を喰いしばり挑みました。決して大袈裟ではなく。この思いに応えられなければ『次回はない』と心に刻み。

この渡辺さんのコメント。今夜は何度も読み返し、ジャックダニエルを堪能したいと思います。本当に感謝です。m(_ _)m

ってことで。田原市も、半田市さんに置いてきぼりくわぬよう、こちらも官民協働で、虐待「0」を目指し、果てしない闘いは覚悟の上ですが、いつの日か「共生のまち」の称号を勝ち取りたいと思います。お互いに、頑張りましょう!(`ー´ゞ

投稿: あらい | 2018年1月28日 (日) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/66325216

この記事へのトラックバック一覧です: 見せましょう 底力を!:

« ふわりんクルージョン 2018 (最終編) | トップページ | 自業自得 »