« ASKより | トップページ | Re:<無線>行方不明者情報 »

2018年2月12日 (月)

「漢」の リアリティー


本日は、朝からバタバタと。ジタバタと。(・・;)  どうしても『昼には終えねば!』ってことで。理由は、「漢」玉木幸則が豊橋襲来!なのでございまして~そりゃ『行かなアカン!』でっしゃろ~!豊橋市肢体不自由児父母の会主催のフォーラムの基調講演、その後のシンポジウムに参戦されるってことで、全力疾走で馳せ参じた次第っす!ε=ε=┏( ` o ´ )┛


ってことで。ギリギリに会場入り。(;゜0゜)  会場には、大勢の皆さんが駆け付けてみえました。その中には東三河南北圏域の地域アドバイザー、圏域5市の基幹センター長。まぉ~なんとも賑やかなこと!否、豪華なこと~!っていうか、「オール三河」ってな布陣が揃い踏みでして。

で、講師控えに ご案内頂き玉木さんに ご挨拶。いつものように『これが笑顔っちゅうもんやでぇ~(´∇`)』って感じで お出迎え下さいました。お洒落なベストとスカーフを巻かれた玉木さん。バリバラで お世話になってるデザイナーさんが「作ってくれましてぇ~ (^ー^)」と また笑顔。その お出迎えが何とも嬉しく。あらいから「都会の色に染まらないで、ってお願いしたのにぃ~ (^ー^)」と、あらいからも微笑み返し。



ってことで。午後1時、講演会 開始。テーマは「共生社会の実現を目指して  ~障害者差別と合理的配慮を考える~」として、基調講演とシンポジウムで この理解を深めるってもの。その基調講演を玉木さんが担われます。そのタイトルは「障害者差別解消とヒトの尊厳を考える  ~一人ひとりを大切にしていく まちづくり」。


Img_20180212_102146_2


玉木さんの語りは、会場を巻き込みながら笑いが たくさんある入りから、終わりに近づくにつれ「息をのむ」緊張感。序盤から終盤に向かって「「柔」から「剛へ」という感じで、語気を強め、参加者皆さんの魂に訴え掛けるものへと。玉木さんご自身の「生き様」ともリンクさせながら90分間 語りきられました。


詳細は控えますが、「玉木幸則」という男が生きてきたプロセスの中で感じたこと、憤ったこと、そして「今」思う願いをリアリティーあるエピソードを交えながら楽しくも厳しく 。そして「幸せは、そのご本人が感じるもの。誰かに決められるものではない。」ということを訴えられました。そう!その人が望む その人らしい暮らしぶりは、誰にも侵されてはならないということを。


「漢」の リアリティー


その思いを実現するために社会は「合理的配慮」を考え、提案・提供し続けなければいけない、障害の有無に関わらず「一人ひとりを大切にしていく まちづくり」の重要性を…否、これが人としてのミッションであると話されました。感じたことは『リアリティー』です。「漢」玉木さんの人生から絞り出される「熱」を感じることの出来る思い。感激でした。というか、涙腺の弱い あらいは、後半、その崩壊を 堪えるのに必死でありました。

あ。講演会だというのに、壇上から あらいをイジるという離れ業…しかも、2回も…。恐るべし 玉木幸則… (・_・;



ってことで、後半はシンポジウム。父母の会、企業関係者、そして北部圏域の勇 長坂さんという布陣。玉木さんをアドバイザーに迎え、これをコーディネートするのが 豊橋市 陽一郎さん。


「漢」の リアリティー


各々の立場から「共生とは」『合理的配慮とは』を丁寧に お話頂きました。中でも長坂さんが言われた『今の社会のあり方は、多数派が自らの都合の良い形に作り上げたもの。だから既に多数派に対する「合理的配慮」は成されている。これをマイノリティである障害のある方にも対応し得るものへと個別に変換していくことが大事である」ってな話は、大きく頷き『核心!』っ思えた次第。


「漢」の リアリティー


午後4時。玉木さんからの まとめのコメントをもってメチャクチャ有意義なシンポジウムは閉会へと。若干『短いか…』と思える時間ではありましたが、玉木さんの基調講演をベースにしながら、親御さんの思いを、そして一般社会の思いを、そして長坂さんの言霊を引っ張り出した陽一郎さん。本当に見事でした。率直に『腕、上げたなぁ。( ̄ー+ ̄) 』でした。



ってことで。当たり前の話…このまま玉木さんを お帰しすることなぞ あり得ませ~ん!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙!「オール三河」で玉木さんを取り囲み、なんやらかんやら大騒ぎ~!  あらい自身、メチャクチャハッチャケました~!あらいを育ててくれた先輩お三方と、その御恩送りをしなくてはいけない三人の後輩、そして『ダイスキ~!(≧∇≦)』な玉木さんとですから、そりゃハッチャケますよね~。


「漢」の リアリティー


くだけた話あり、ド真面目な話あり。国レベルの話あり、愛知県の話あり。そして各々の生き様についての話ありと、その内容は多岐にわたりましたが、どの話も あらいにとっては刺激的であり、有意義であり、なにより『楽しい~!(≧∇≦)』と思えるものでありました。でも これ、きっと あらいだけの思いではないんじゃないかと。そう思えるほど、皆さんもステキな笑顔でした。この圏域、ダイスキっす!(^ー^)



みんなで玉木さんをお宿まで お見送り。と玉木さんが「あ。お礼の写真。撮らなアカンやん。」と また笑顔。実は、今日 玉木さんに会うことを昨夜になって長女 萌に伝えたところ「なんで もっと早く言ってくれんの!?あほ。」と。その言葉の後はキッチンでドタバタと。『何が始まったの…? (・_・; 』と思い、恐る恐る聞いてみると。

前回、玉木さんがおみえになった時「これ。萌ちゃんにぃ。」と頂いたお土産。そのお礼に「クッキー。焼くの。」と。繰り返しになりますが涙腺の弱い あらいは、その涙を堪えながら「ええ子やねぇ~」と声を掛けるのが精一杯で。((T_T))


「漢」の リアリティー


玉木さん。深夜に至るまで お付き合い頂き、ただただ感謝です。忙殺されるスケジュールの中の毎日で、さぞかし心身はズタボロかと思います。が、それでも 尚、全国を飛び回りながら語り続けられる「覚悟」には、感動すら覚えます。どうか。どうか。お心身を必死に ご自愛頂き、まだまだ我らに「喝!」を入れて下さい。いつの日か『イケてきたねぇ。』と言ってもらえるよう、この三河の仲間と、ASKの同志と頑張ります!

ステキな時間をメチャクチャありがとでした。(^ー^)


arai

|

« ASKより | トップページ | Re:<無線>行方不明者情報 »

コメント

新井様

日曜日は大変大変大変お世話になりました。
そして、数々のご無礼をお許しください…

また「夢の国」のチケットを手にすることができるよう、日々精進していきたいと思います。
なんといっても「夢の国」のウイスキーダブルは通常の2倍でしたから。
今後ともご指導よろしくお願いいたします。

この場をお借りして…

玉木様

ほぼ初めてお話するにもかかわらず、至近距離の酔っ払いで申し訳ありませんでした…
お酒が抜けた今、震え上がっています。
またご一緒させて頂くことができるよう、人間力の向上に努めていきたいと思います。

皆様、本当にありがとうございました。

投稿: おーはら | 2018年2月13日 (火) 13時58分

おーはらさま

メチャクチャ楽しい時間でしたね。今、思い出して腹がよじれるほどですわ。あらためて、ありがとでした。

で、2つ。「夢の国」なんかじゃないよ。現に、おーはらさんは そこにいて、存在感バリバリで過ごされた訳ですから。で、そこに いたことは、誰かが無理やりとかじゃなくて、おーはらさんがいることが「当然」のこととして成立していた訳ですから。ね。(^ー^)

ってことで。これからも、こうした時間を共に過ごせる、そんな環境が どんどん増えるといいですね。その日が来るのを楽しみにしてますね。(^-^)v

投稿: あらい | 2018年2月13日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/66384239

この記事へのトラックバック一覧です: 「漢」の リアリティー:

« ASKより | トップページ | Re:<無線>行方不明者情報 »