« ド真ん中を | トップページ | 命の番人 再び »

2018年2月22日 (木)

山茶花(サザンカ)

追われている…。
追われている…あぁ…。(・・;)



ってことで。昨日は朝一で刈谷市へ。わーく伴から「はい。行っといでぇ。」と送り出され、小久保さんから「はい。行くよ!」と引き摺られ…。(^ー^;A 向かった先は、デンソー ブラッサム。打ち合わせと、せっかくの機会「見学させて下さい!m(_ _)m」と哀願し。

で。お相手下さったのは、「企業内「ナカボツ」という仕掛け、仕組みを創りたい!」と障害福祉から、就労支援から新たな世界へとチャレンジの場を移した元 西三河南部西就業・生活支援センター長 前島さん。今年度の就労講演会の打ち合わせと、これまたデンソーの新たなチャレンジである「特例子会社 デンソーブラッサム」の見学でございます。



ってことで。超~!デカイ!!デンソーの本社ゲートで待ち合わせ。あらいの参戦は「急遽」でしたので、あらいの顔を見るなり「あれ?あれ?」と。でも、とてもステキな笑顔で前島さんが お出迎え下さいまして。ありがたや~。m(_ _)m  で、広~い構内を雑談しながらの移動。思うことは『スゲェことになってるなぁ…前島さん…。スゲェことしてるなぁ…前島さん…。( ̄0 ̄;) 』って。はは…。



山茶花(サザンカ)


で。いよいよ特例子会社 デンソーブラッサムへ。

清潔感ある広々した空間で、前島さんは、いつものように淡々と、ではありますが、しっかりと熱を、思いを込めてデンソーブラッサムのミッションと、その実践を映像と語りで我らに お伝え下さったあと「では、実際の仕事の様子を見て頂きましょう。」と軽く笑みを浮かべ現場へ。そこまでも また具体的な解説と、ここに至るまでの支援経過、そして「これから」を。相変わらず淡々と、そして熱く。

なんでしょう。『人って、こんなに急激に変われる…否、成長出来るものなのか?』と思える時間。ですが、この疑問は次の瞬間、キレイに晴れました。


この後の打ち合わせにブラッサムの前野常務さまも ご参加下さりまして!あれこれ意見交換。ってな次元の話ではなく、この方がスゴイ!の何の!企業人としての心構えを、我ら福祉という狭義の理屈しか分からない者に対して『おぉっ!そっか!( ☆∀☆)』と理解が出来るよう、解りやすく。それだけではなく、我らのような若輩者に対しても礼儀を尽くして下さる細やかな心遣い。そして何より「学ぶ姿勢と共に歩む思い」を強く持たれた方。正に実る稲穂。(//∇//)

もう。ずーーーっと常務から聴く。語る、そして また聴く。を繰り返し繰り返し。見ていた前島さんも横で ニンマリ (^ー^) され一言「こうなると思ってました。」と。お見込みのとおりでございました~!メチャクチャ盛り上がりました~!(≧∇≦)



「あっ!(゜O゜; 」という間に頂いていた時間を軽く超過!名残惜し…否、『このまま帰らない!』と思いを強くした あらいは小久保さんに「夜になるまで刈谷駅で待つ!常務の終業時間を待つーっ!(≧∇≦)」と嘆願するも、来た時 同様「帰るよ。あほ。」と引き摺られ…あぁ…。(T_T)

思ったことは『前島さん。きっと常務に飛び込んだんだろう。次のステージ、更なる高みを目指すために。きっと、大きく、そして深くなって帰ってくるのだろう。』と。そん時は、きっと あらいの頭を撫でながら「ん?頑張ってるぅ?ん?」とか言われちゃうんだろうなぁ…。あぁ…。・゚・(Д`)ヽ(゚Д゚ )



相談室を出ると常務がホワイトボードに貼られていた写真を ご紹介下さいました。そこには山茶花の大輪が。

「サザンカ」開花 第一号(開所記念)
花ことば  困難に打ち克つ ひたむきさ


山茶花(サザンカ)


常務は満面の笑みでした。去り際になお、この方の大きさと深さ、強さ、そして底知れぬ温かさを感じました。前島さんに限らず、この方に付いていきたいと思う人は、決して少なくないことかと。そして、この方が「この男」と思い、共に闘う決意をした前島さんは、やはり大きな人なのだということを強く、強く、感じました。



ってことで前島さん。お迎えにきて下さったゲートまで お見送り下さり「では。また。(^-^)」と一言、いつものように笑顔でお別れ。翻り、颯爽と広大な構内を戻る前島さんの背中。不安はあるはず。悩みはあるはず。ですが、新たなチャレンジに怯むことなく突き進む漢の背中を感じました。「ブラッサム」とは「開花」。彼も また この場所で 今までとは違う花を咲かせることかと。

山茶花(サザンカ)


前島さん。次は田原で。よろしくです!(`ー´ゞ


arai

|

« ド真ん中を | トップページ | 命の番人 再び »

コメント

あらいさま
いつもいつも過分な評価ありがとうございます。
自分のチャレンジが障害者雇用における企業と福祉の新たな可能性に繋がればと、そしてその先にある共生という考え方に繋がればと、心底思う次第です。
その辺を語り合いに田原にお伺いしますのでよろしくお願い致します。

投稿: 前島 | 2018年2月22日 (木) 18時21分

前島さま

お世話になりました。っていうか、本当に丁寧なご対応を頂くばかりか、一つ一つの「支えのあり方」に関する解説は、基本を再確認させて頂けるステキな学びの時間となりました。ありがたい時間でした。<(_ _)>

で。「その先に共生」ではなく、あらいには、共生のあり方が根幹にあり、その先にある「夢」を見せて頂いている、そう思えましたよ。勿論、どこかしこでも出来る実践ではないにしても、この取り組みがベーシックになれば、共生は「ぐっ」と近づいてくると。(≧∇≦)

ますます、前島さんの田原入りが楽しみになりました。メチャクチャ楽しみに、否、期待しちゃいます!よろしくでございます。<(_ _)>

投稿: あらい | 2018年2月22日 (木) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/66419455

この記事へのトラックバック一覧です: 山茶花(サザンカ):

« ド真ん中を | トップページ | 命の番人 再び »