« 冷奴と枝豆で | トップページ | ひと味違う »

2018年6月 8日 (金)

一兎を追って 二兎を得る

いよいよ!平成30年の協議会が始まりました!昨日午後、今年度 一発目の田原市障害者自立協議会 部会が開催されました!「ヘルパー連携会」でスタート!です。

今年度 担当するのは山田姐さん。総合相談センターに異動となる前は、ヘルパー事業所のサービス提供責任者を長きに渡り務められていたという戦歴を お持ちで、この部会への異動も「あたい。やりたいわ。やり遂げてみせるわっ!(`◇´)ゞ」って強い意思表示があり。この日を迎えるまでの気合いの入れ方も『半端ねぇ…(・・;)』と感じるほどでございました。



ってことで。姐さんの進行でスタート!(  ̄^ ̄)ゞ まずは、昨年度よりの懸案事項である「ヒヤリハットを「イケてる視点!報告書」へと変換する」から。試験的に各事業所の皆さんに協力頂き、実際に「意識して」記載して頂き、提出頂いたものの検証から。


一兎を追って 二兎を得る


以前にも お伝えしたかと思うのですが、今回の試みは「単なる変更」って訳ではなく。「小さな包括から大きな包括へ」。そして「「個」の課題を「まち」の課題へ」のツールとして変換したく。ようは、ヘルパーさんの お力添えを頂き「まちの課題の抽出」をするためのツールとするためなんでございます。

ヒヤリハットは、極端に簡単に表すると。「ハインリッヒの法則」をベースに「1/300」を早期に気づき、事前に備えるってもの。その気づきをもたらすためにはデータ化出きることが大事と習いました。ので、「この記述は、ド初っぱなからは書きにくいよなぁ。」ってものを、簡易なものへとするだけでなく、チェックでイケるものはチェックに、どうしても「ここは知りたい!」ってものは記述へと。ようは。まずヘルパーさんから「 300 」を集める。その中からサービス提供責任者と共に「 30 」を抽出し、具体的な方策を練り「 1 」を防ぐ!

ヘルパーさんの職務は、常に「一対一」。ベテランも新人も。支援の一つ一つに悩みがあるはず。これを「日々の業務」として恒常化してしまい「見過ごすこと…」と思います。ので、この「個」を支えるヘルパーさんの「お役に立ちたい!」。で、その中には きっと個の課題だけではなく「まち」の課題もあるはず。それを文章で拾い、具体的な方策を練るベースとし、出来ることから形にし、ご本人に、そしてヘルパーさんにフィードバックする。って感じ。ヘルパーさんのイケてる視点!が「まちづくり」へと繋がる。みたいな。



たくさん ご意見を頂きました。し、こちらも たくさん お伝えしました。試験的にも関わらず『おぉっ!そうなのね。』って理解できるものもありました。まだまだ日常業務の中から「 300 」を収集するには工夫?苦闘?は必要であることを確認。しかし!やらねばならないんですよね。ヒヤリハット(「イケてる視点!報告書」)の改善ということに留まらず、しっかりと「まちづくり」へと。「二兎を追う者 一兎を得ず」ではなく、「一兎を追って 二兎を得る」です!頑張ります!(`◇´)ゞ

閉会に向け、障害のある方の「移動」に関する支援についてや今年度の研修計画について意見交換しました。山田姐さんの『え。初めてでしたよね? Σ(´□`ノ)ノ』と思えるほどの取り回しで盛会のうちに。思ったことは『今年も盛り上がっていくぞぉ!』です。(^ー^)

このあと、一か月ほどの間を開けて本格的な「協議会マンスリー」に突入します!このヘルパー連携会の盛り上がりそのままに、それぞれの部会を気合を入れて頑張ります!(  ̄^ ̄)ゞ


arai

|

« 冷奴と枝豆で | トップページ | ひと味違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一兎を追って 二兎を得る:

« 冷奴と枝豆で | トップページ | ひと味違う »