« 超!笑顔 と 1度熱傷 | トップページ | 山本五十六元帥のお言葉(後編) »

2019年8月 3日 (土)

山本五十六元帥のお言葉(前編)


昨日は。朝一で豊橋市水道局へ。第4回となる東三河南部圏域地域アドバイザー事業 「地域移行・地域定着支援」研修を開催しました。病院で奮闘する福祉人である精神科ソーシャルワーカー皆さんとの連携を目的とし創出した本研修も4回目。感慨深く、そして気合を入れて会場入り!(''◇'')ゞ

江川アドバイザーを中心に4市の基幹相談センター長、そして研修の講義、実践報告等を担って下さる皆さんが集結し、会場設営、打ち合わせやらなんや。賑やかに。と、次第次第に会場には ご参加下さる皆さんが増えていき、会場全体が賑やかに。スタッフも入れると その人数は 90名を超え、過去最多!その中に、当然「chanoma会議」のメンバーも。(^^)

Dsc_0021_20190803120401

Dsc_0006_20190803120401



ってことで。午前10時、江川アドバイザー、愛知県東三河福祉相談センター 杉浦さんの挨拶で開会。まずは!中川さんの基調講演から。今年度も彼が担います。(^-^)

この研修の大きな目標は「『地域相談』を特別なものにしない」とし、毎年 テーマを変えながら実施しておりますが、今年度は「地域援助者の連携」。「医療と障害福祉の連携」という枠に収まる、収めるのではなく介護保健(包括支援研修センター、介護支援専門員等)も含む「医療と福祉の連携」へと進化・深化・新化。


Img_20190802_102123_20190803120401

ってことで。昨年度から この研修の「基調」となる講義を担うこととなった中川さん。朝から「(緊張で)お腹…痛いです。(^^)」と。そりゃそうですよね。例年と違い、この日の会場には介護保険ベースで奮闘する方々が大勢ご参加下さっているわけですから。普段のまま、でいかなければいけないことと、普段のままではダメなところも。ようは「ご理解」頂くためには「こちらの理屈」だけではダメなんですから。

でも。しっかりと。やり遂げました。いつもの入りとは違い、これまでの過去3回を振り返り、今日の獲得 目標の共有。そして介護保険法と障害者総合支援法の共通項と差異についてを丁寧に。その後は いつも通り愛知県が取ったアンケート「地域相談支援に拠らない精神障害者の退院支援について」を基にした「相談支援とは、地域相談とは。 」。そして改正 精神保健福祉法に定められた「地域援助者である我らのミッション」を語り終了。



身内でいうのもなんですが、昨年度の数倍『やれた!語れた!』というのが感想です。そして『しっかり備えた。読み込んでいた。』とも。勿論、まだまだ荒いのですが、浅いのですが、それでも言わなければいけないこと、伝えなければ、理解しなければいけないこと、は しっかりも、そして力強く語れたと。よく頑張りました。(^-^)v


Dsc_5338-2_20190803120401


「やってみせ、言って聞かせて させてみせ。、誉めてやらねば人は動かじ。話し合い、耳を傾け承認し、任せてやらねば人は育たず。やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。」

山本五十六元帥の お言葉が、今、ようやく理解できた、そんな時間でした。この日が来るまで何度となく中川さんと話しました。共に語り合いました。それを圏域で認めてもらいました。あらいも また この圏域で育てられています。これも また感謝です。(^^)


ってことで。後編へ。m(_ _)m


arai

|

« 超!笑顔 と 1度熱傷 | トップページ | 山本五十六元帥のお言葉(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超!笑顔 と 1度熱傷 | トップページ | 山本五十六元帥のお言葉(後編) »