« 「出涸らし」になるまで | トップページ | ミニボトル »

2019年9月14日 (土)

「ガイドライン」創出の背景


昨日は高浜市へ。先週末の豊明市からは 15km ほど南下した まち。いつもの名鉄に乗り込み最寄り駅へ。と、たかはま障がい者支援センターのスタッフさんが。今日の ご依頼を下さったの、あらいにとって、田原市にとっての就労支援の師である小松さんが耕し続ける まちです。

すぐさま会場に案内されると、せっせと会場設営をする小松さんが。振り返り、いつものジェントルな雰囲気で、あらいごときに深々と頭を下げて下さり「ご無沙汰してます。(^ー^)」とステキな笑顔。いつものように、あらいにない この雰囲気に『若干…ジェラシー』を感じながらも、あらいもせっせと開会準備。(^ー^)


Dsc_2469


ってことで。3時開会。たかはま障がい者支援センターの皆さん全員と、母体の社協 事務局長さんや併設される いきいき広場のスタッフさんが おみえになり、『こりゃ。気合いを入れなきゃ!期待に お応えしなくては!』の思いでマイクを握りました。頂いたテーマは「意思決定支援と権利擁護 ~毎日 繰り返される 支援の総体~ 」。120分の「自分自身との」闘いの始まり。

意思決定支援の議論は26年から始まっていることと、その背景である法の変遷。その後は意思決定支援ガイドラインの総論・各論を具体的に。で、福祉と法曹界での議論の差である意思能力と行為能力を丁寧に お伝えしました。イラストや写真を「ワンサカ!(≧▽≦)」盛り込んで。いつものように腱鞘炎を恐れることなく、ただただクリック!(; ・`д・´)



まとめは。入所施設と精神科病院からの退所・退院に関する意思決定支援ガイドラインに記されている意味合いの差、そして「不合理であっても他者の権利を侵害しないのであれば、それを尊重する…」という文面の意味と意義について。で、このガイドラインを実践するためには、我らは「聴くことこそ最大の権利擁護」であることを胸に刻む!で、予定を1分超過して、あらいの闘いは終了。

単に。国が示した「意思決定支援ガイドライン」の理解に留まるのではなく、具体的な実践方法、もっと言うと、この「意思決定支援」なるものの、なるものが創出された根幹というか…ようは『障害のある方は、憲法13条の「すべての国民」から排除されていた結果からではないのか!?』という憤りを、いつもの優さんの言霊を借りて若輩者あらいの思いの丈を お伝えさせて頂きました。<(_ _)>



ほんの少しでも高浜市の、そして師 小松さんの お役に立てたのであれば幸いです。m(_ _)m ってことで。師のまちに来て、このまま帰路に着くなど あろうはずがなく!小松さんのストーカーのごとく「ピッチリ!」張り付き、小粋な居酒屋さんへ。

詳細は控えますが、互いの福祉感だけでなく、互いの「私的」な話にまで末広がりに。メチャクチャ聴きました。し、メチャクチャ聴いて下さいました。で、答えて下さいました。もぉ~感激!なんて次元の話ではなく『贅沢極まりない!(≧▽≦)』時間が過ぎていきました。

小松さん。国レベルで活動する JCーNET(ジョブコーチ・ネットワーク)の重鎮でいらして、その知識、実践は あらいごときが ここに紹介することなど「出来ねぇーーっ!(TДT)」です。その方が終電までの時間、膝付き合わせて就労支援の本質を説いて下さるのですから。そりゃ『贅沢極まりない!(≧▽≦)』ですよね。



しかも。後半にはゲストまで駆け付けて下さり大盛り上がり!っていうか、あらいからすると我がまちから遠く離れた このまちに仲間がいる、同志がいるということの幸せを感じられる、ありがたい時間でした。あまりに楽しく、あまりに嬉しかったので みんなが揃っての写真…撮り忘れたくらいっす!ツマミの写真は撮ったのに~!(≧▽≦)


Dsc_2471


小松さん。顔に泥を塗ることはなかったでしょうか?些か不安ではありますが、あらいなりの全力で挑んだことは嘘偽りなく。ではありますが、まだまだ未熟者です。またの機会、時間にご指導ください。その日をメチャクチャ楽しみにしています。

と、今回は叶いませんでしたが、『次回は「黒ビール。楽しみにしてます~!」』と、『お約束通り。近々、田原市で鮮魚での乾杯を~!』って思いながらの終電での帰路でした~!小松さん、また~よろしくです!m(_ _)m


Dsc_2474


arai

|

« 「出涸らし」になるまで | トップページ | ミニボトル »

コメント

ありがとうございました。
やはり年に一度は新井さんのお話を
聞かねばなりません。
原点に立ち返る気持ちです。
お話しいただいた内容をもとに、
ていねいなお手伝いをしていきたいと思います。

また、いつにない、いろいろなお話
ありがとうございました。
年度内に田原市に伺いたい気持ちで一杯です。
今後ともぜひぜひよろしくお願いします。

投稿: koma2 | 2019年9月19日 (木) 22時10分

koma2さま

こちらこそ、ステキな学びの時間となりました。
メチャクチャ感謝です!と、koma2さんの顔に泥を塗ることなく終えられたことに、ただただ安堵します。

で。koma2さんの思いと全く同じで、いつもとは違う、もっと近しく、親しく感じられるお話が出来て、とっても ありがたかったです。(*^-^*)

力ない あらい、田原市ですが、引き続き ご指導頂けますよう、で、仲良くして頂けますよう、よろしくお願いします。<(_ _)>

投稿: あらい | 2019年9月20日 (金) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「出涸らし」になるまで | トップページ | ミニボトル »