« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

西宮版 サンダーバード


西宮市へ行ってきました。数年前、いろいろと思うことがあり『もぉ。あかん…。(-∀-`; )』って行き詰まり…。で、このまちから全国駆け回りながら、そのスピリットを撒き続ける「漢」に すがりに。それ以来、毎年 初秋の頃、この まちに、その漢を詣でに。


玉木幸則さん。いつの頃からは互いに「いつやったけぇ?何の時やったっけぇ?忘れたわぁ!(≧▽≦)」と分からなくなっちゃってますが、毎度この話になりますが…笑って終わります、それくらい自然に始まり、自然な関係が続いています。

皆さんが ご存知の通り、玉木さんはEテレ「バリバラ」でコメンテーターを務めているばかりでなく、相談支援専門員の頂点に立ち、我らを牽引された 後も精力的に全国を駆け回り「生きる主体は ご本人」を、「権利擁護」の本当の意味を説き続けています。そんな雲上人にも関わらず、こんな平民の代表のようボクを大事にしてくれます。ボクは、そんな玉木さんを「大明神」もしくは「大権現」と敬い続けて、慕い続けている次第です。



Dsc_0512


ってことで。今年も詣でてきました。今年度のテーマは、意思決定支援に思うこと。ってな感じで語り続けました。こんな 平民代表の言葉に耳を傾けて下さるばかりか、大明神が その戯れ言を認め、丁寧に応えて下さいます。平民代表は調子にのって更に被せる、また大権現は応えて下さいます。


Img_20191030_204752


互いに、何度も何度も脱ながらも真っ直ぐに、意思決定について、権利擁護について、子どもの支援・育みのあり方について、そして「生きる主体は『ご本人』」であるということを語り合いました。意思決定支援は、何も特別なことではなく、今までにも やっていなければいけないこと。やっていたこと。例え子どもであっても。って話を熱く、熱く。

時に腹を抱えて笑い、時に眉間にシワを寄せド真面目に。時おりみせる本気モードの「漢」玉木の形相にビビりながら。いつも こんな感じで過ぎていきます。平民にとっては至福の時間です。(^ー^)



あ。そうそう。玉木大明神から「あらいさん。最近の写真、顔出しやん!やましいことが…なんか晴れたんですぅ?(≧▽≦)」と。はは…。(;>_<;) ので、丁寧に ご説明。


Kimg0102


以前は この髪型でして。一見して「あらいやん。」でしたが、最近の髪型だと「おまえ…誰やねん!?(-_-;)」ってことになるでしょ。だから、これなんです。ってことを。はは…。(-∀-`; ) ってな話で、また大笑いしたりしながら!ヘ(≧▽≦ヘ)


Img_20191031_082305



退店して。駅まで見送って下さいました。「スピード、合わせますねぇ~。ニヤリ!( ̄ー+ ̄)」と こちらの歩行速度の遅さをイジり遅めにして。で、駅でお別れし、颯爽と西宮版サンダーバードに救出されていかれました。家族のおかげは『お。ボクでけじゃないのね。(#^^#)』って安堵しながら、その「漢」の後ろ姿を納めました。


Img_20191030_235144


玉木さん。背中、本当に格好良かったです。「ド」真面目な話、今回もメチャクチャ気合を入れてもらいましたし、メチャクチャ教えて頂きました。いつも、いつも、メチャクチャ感謝です。これからもメチャクチャよろしくお願いします!玉木「大明神」!(*‘ω‘ *)


arai

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

「 Children first 」再び


一昨日、昨日と名古屋市へ。20年近くぶりの御器所へ。昨年度から創出された「医療的ケア児コーディネーター養成研修」、今年度も開催されることとなり、誉れでありますが、今年度も この演習を取り仕切る、師とえださんから参戦要請を頂き、心して馳せ参じた次第!(`ー´ゞ


で。昨年度は、ファシリテーターとして「相談支援専門員枠で4人、選任して」ってものが、今年度は「6人」へと増員。ASK野崎さん、豊川市 松井さん、豊橋市 陽一郎さんに加え、豊田市 土橋さん、一宮市 梅本さん、そして緊急参戦となった武豊町 坂本さんといった県相談研修の「核」に、全員が国 指導者養成研修を受講した猛者に ご依頼させて頂きまして、なんとなく『安心するわぁ~。(^ー^)』って感じでの今年度の布陣。



「医療的ケア児」のコーディネーターの役割は、決して「重症心身障害者」の支援の延長というのではなく、「子ども」として、「そのまちの生活者」として、退院後の生活を立体的に組み立てる職責を負うこと。そして その命を支える医療と連携し、まちの課題へと転換し、そのまちの支援体制を構築、更には社会資源の開発をも!っていうのが、このコーディネーターの役割。

決して医療側になる訳ではないわけです。医療や保健、教育、そして福祉のお互いの「言葉(使命)」を理解し合い、協働する、その繋ぎ役っていうのが職責。ケアワークではなくソーシャルワークであることを理解する者に集って頂きました。


Dsc_0508


昨日、講義部分の終了後、勢ぞろいした「相談チーム」で とえださんを囲んで。初日、二日目と講義部分に我らの出番はなく、11月に2日間で開催される演習が出番。ではありますが、講義に「どんな話が成されたのか?」知らずに演習、出来るわけないですよね?ま。やってる県研修もありますが…(。-∀-) ボクらは『そういう訳には いかんわさ。(^-^)v』ってことで、講義を拝聴し演習に備えた次第。



で。この2日間の講義を締め括った、久しぶりの「とえだ節」は、正に圧巻でした。声を震わせ「Child first」を叫ぶ姿は会場にいる全ての皆さんの心に刺さったことかと。


Dsc_2664

Dsc_2671


ホンモノを見せつけてられました。師匠の前では、自分が如何に稚拙であるかを痛感させられます。これからも精進します。そして一ヶ月後に出番を頂いております。師匠、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。m(_ _)m



ってことで。初日終了後、統括の とえださんの声掛けで決起集会!「一年ぶり~!今年も頑張ろうぜ!」の会が催されまして大にぎわい!(≧▽≦) あっちでも、こっちでも熱く「福祉道」が語り合われていました。「誰のために我らは存在するのか!?」「first は誰か決まっているはず!」なんて言葉が飛び交っていました。


Dsc_0507

Dsc_0503


『そういえば。昨年も、同じ話したなぁ。この皆さんと。(///ω///)』ってなことを思い出しました。「 Child first 」再び。


Dsc_0510


解散間際に。久しぶりに師匠とのツーショット。
何だか…嬉しかったです。(^-^)


arai

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

フルパワー


昨日は、夜に入り名古屋市へ。お伝えしておりました、LIUB2020 名古屋実行委員会(アスペ・エルデの会と中京大 辻井ゼミの合同チーム) 主催の、映画『トスカーナの幸せレシピ』の上映会とトークイベントに参加するため。まさに「俎上の鯉」状態で、落ち着きなく名古屋市へ。(・・;)


Img_20191026_175113


会場に着き、辻井CEOがすぐに見つけて下さり控えへと。中には既に椙山女学園 堀田先生が おみえで。で、辻井CEOの3人で談笑。ひきつった顔でしたが…なんとか笑顔を維持していると、「よ。( ^∀^)」と熊谷さんが。心の中で『熊谷さ~ん!ありがとう~!』叫びました。持つべきものは友達思いの良き友ですぅ~!。゚(゚´Д`゚)゚。



と。ほどなく定刻となり、イベント開会。まずは上映会から。「トスカーナは幸せレシピ」。もーーーっ!メチャクチャ!ステキな映画でした!映画そのものが「キレイ~」でウットリ。*。・+(人*´∀`)+・。* ってだけでなく、リアリティーある内容に、あらい自身 20年前を思い出し、数々の ご本人さんとの時間を思い出し。

そして、自閉症の主人公と気短な天才シェフの2人が発する「フルパワー!」の声に、そして2人の やり取りに、後半は「ずーーーっと!」涙が溢れてました…。えーい!これじゃ伝わらん!皆さん、ぜひ!映画館へ!そして「フルパワー」の叫びを聴いて下さい!感激、感涙すること間違いなしっす!っていうか、こうして振り返る今も「フルパワーッ!」が頭の中で響きます。



で、上映会終了後。まずは 辻井ゼミの生徒さんから、先日の
「af 珈琲 + 」での取材の様子が映像と共に紹介され…

http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2019/10/post-136324.html


Dsc_2595


いよいよ「俎上」へ。清水の舞台へ。(・・;)

生徒さんから 自閉症の方の理解や支えのあり方ってな感じの質問に、椙山女学園 堀田先生、あらい、そして辻井CEOの順で お答えするって感じ。細かく打ち合わせた訳ではないのですが、いい感じで役割分担。堀田先生は「母」として、あらいとしては、この20年間を振り返りながら、実践の話をさせて頂きました。それを辻井CEOが丁寧に拾って下さる感じで。

Img_20191028_160425

Image0


(辻井ゼミ生徒さんから届きました。)でね。何度も、何度も、「イケメン・シェフ!」、「ぜひ!豊川稲荷前の af 珈琲 + へ!」と連呼下さる辻井CEOの言葉に涙を堪えるのに必死の時間となりました。我ら法人は本当に恵まれています。はい。(´;ω;`)ウッ…




終了後。辻井CEOから「メシ。いこ。(^ー^)」と お声かけ頂き、アスペ・エルデの会のスタッフ皆さんとメチャクチャ贅沢な時間を過ごさせて頂きました。しかも!あらいの席は辻井CEOの真ん前!失礼を承知で、あれこれ聴いちゃいましたし、ありがたいかな あれこれ教えて下さいました。贅沢の極みです。((T_T))

で。終電が間近に迫り「そろそろ。」となったドサクサに紛れ、家族への土産に、写真!お願いします~!」 と哀願。で、この一枚!( ☆∀☆) 清水寺の舞台から「バンジー!」で挑んだ今回だからこそ『エーーーイッ(≧▽≦)』と ばかり(´ 3`) こういうのを ご褒美っていうのでしょ!ん?無謀なのか…でも!いいもん!撮っちゃったも~ん!叱られなかったも~ん!!(///ω///)


Dsc_2649


いや~清水の舞台からバンジー!しちゃうと、こんな暴挙もできちゃうんですね~!新たな学びです~!(*´▽`*)



ということで。辻井ゼミの皆さん、アスペ・エルデの会皆さん、本当にステキな機会を ありがとうございました。映画の内容に、そして皆さんが緊張しながらも やり遂げる姿に「初心」に還ることが出来ました。本当に感謝です。また お会い出来る日を楽しみにしてます。(^-^)


Img_20191018_141024


そして なにより 辻井CEO、メチャクチャありがとうございました。『ご恩返し』なんて自惚れた思いで伺ってしまいました…。恥ずかしいてす。また今回も、メチャクチャ教わりました。イベントも、反省会でも。この時間に恥じることのない動きを、これからも心掛けます!また 鍛えてやって下さい。「フルパワー!」で!


arai

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

一味 違うぜ


昨日は、夜になって豊橋市へ。東三河南部圏域4市の基幹センターが集い、圏域として「次」に実施する研修の あり方について
本気モードで侃々諤々と。


この圏域、メチャクチャ真剣に「人財育成」に取り組んでおりまして。年間 数本の研修・講演会を協働で実施し、相談支援専門員の質の向上を図っているばかりでなく。企画から実施までを、この圏域の、しいては愛知県の「次世代」を担う若手の蒲郡市 中川さん、豊橋市 陽一郎さんと3人で「わぁーわぁー!o(T△T=T△T)o 」言いながら、泣きながら。アドバイザー江川さんや蒲郡市 鈴木さん、豊川市 松井さんのフォロー(厳しいチェック? (;・∀・))を受けながら必死で。

盛夏に「地域移行・定着研修」を中川さん中心に、初秋、県 初任者研修が煮詰まった頃に「ブラッシュ・アップ研修」を陽一郎さん中心に、そして ここ数年は晩冬に「共生社会の実現に向けて」を あらいめが…ってな感じで実施し、この「次世代」の育成係として右往左往と。もっというと、今年度からは豊川市 武藤さんも加わり、右往左往ではなくジタバタと…。(;´・ω・)



で、昨夜。あらためて「今年度のブラッシュにアップ研修。どうしますかね?」ってことで。前回の基幹センター会議で概ねは決めてはいたものですが、いざ取り組んでみると『これ…。ヤバイなぁ…。どうしたもんだぁ…。(-∀-`; )』ってことになりまして。ってことで緊急召集ってことです。

詳細は控えますが、なんのために やるのか?獲得目標は なんなのか?どこを到達目標と するのか?を本気モードで。



1時間半ほど、みっちり議論しました。「ヨシ!これでイクか!これならイケる!」まで、なんとか…こぎ着くことが出来ました!一つ言えることは『例年とは 一味 違うぜ。ニヤリ ( ̄ー+ ̄)』ってことかと。これも また簡単出はないのですが、これもまた『やり甲斐あるわぁ~!(≧▽≦)』です。

ってことで。大慌てで 第2部へ!このメンバーとの時間。先の会議の、議論の時間だけでなく、その後にある終電までの この時間にも鍛えられます。し…メチャクチャ『楽し~い!( ☆∀☆)』


Dsc_0496



でね。上機嫌で帰路に。で、飛び乗った終電で「センパイ!」と笑顔が急に飛び込んできて。で、顔をしっかり拝見すると「おぉーっ!」の あらい。この職に着いた頃あれこれと時間を共にした中学時代、共に白球を追い掛けた(?)地元の後輩君!(≧▽≦)

帰る気マンマンだったのですが、後輩君が「センパイ!もうイッパイ!行きましょ!?( ☆∀☆)」と。当然…「おぉーよっ!( ☆∀☆)」と4軒目!(#^.^#) 上機嫌に拍車が掛かりました~!いい一日の締めくくりとなりました。後輩君、ありがとね。(^ー^)


Dsc_0497

arai

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

大山 元社長の言霊が


田原市障害者自立支援協議会 就労検討会の大きな「夢」を背負い立ち上がった「農福連携ワーキングチーム(JA愛知みなみさん、農政課、地域福祉課、そして障害者総合相談センター)」。『農業王国』田原市らしい「農福連携」のあり方を。「一つ一つの、一人一人の支援を、焦らず、丁寧に。」をテーマに、活動を始めております。



平成20年8月。優さんの基調講演「聴くことこそ最大の権利擁護」を、委員、事務局全員で聴き、満を持してスタートしました。その発足当初からJAさん、農政課さんは参戦して頂いております。なにせ、田原市は「農業王国」な訳ですから、1/3が第1次産業に従事されている まちな訳ですから、「働くの支えを協議する場」に ご参加頂かないなんて あり得ないですよね。(^-^)v

この「農福連携」が就労検討会で課題というか…目標としてあがってから数年が経ちました。今年度に入り この動きが活発化していき、近くて遠く感じていた、『どう繋がり、どう動けばよいか…?』と暗中模索であったJAさんとも「繋がる」ことが出来ました。ひとえに事務局としての農政課さんの おかげ。



昨日。この「農福ワーキングチーム」で、現場視察へ、我ら協議会事務局が求める一つの「共生のカタチ」をJAさんに見て頂きました。


Dsc_2616

作業の合間 合間を縫って我らに お話をして下さる 雇用主さまと ご本人さま。その一言一言を聴き入っているJAさんに感激しました。何より、誇らしく語る ご本人の姿に、日本理化学工業の大山元社長の言霊が、心の奥底まで響く時間となりました。まだまだ、メチャクチャ頑張ります!頑張れます!(`ー´ゞ


Dsc_2638

arai

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

進路、もっと!もっと東へ!

Img_20191022_111144

arai

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

消えて無くなれ!

Img_20191020_082605


そのまま。南の海で消えて無くなれ!


arai

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

辻井ゼミ in " af 珈琲 + "

 
昨日。アスペ・エルデの会 辻井CEO の中京大の「辻井ゼミ」の教え子ご一行さまが、遠路はるばる 豊川稲荷門前の " af 珈琲 + " まで お越し下さいました~!勿論、あそびにではなく、学びの一環として ご本人さんの取材と、ついでに あらいとの打ち合わせに、って感じで お越し下さった、ってことに ございます。m(_ _)m


で、打ち合わせ。今月26日、LIUB2020名古屋実行委員会(毎年4月2日の自閉症啓発デイに名古屋のテレビ塔やオアシス21を「Blue」に染める ている中京大 辻井ゼミ皆さんとアスペ・エルデの会皆さんがメイン)主催で、映画『トスカーナの幸せレシピ』の上映会とトークイベントを開催される運びに~!(≧▽≦) 映画を堪能した その後にトークイベントを行い、映画の余韻を楽しみながら、自閉症やアスペルガー症候群のことも知る機会を、ってステキな企画をされまして~!(≧▽≦)

詳細、お申込みについては以下から

http://www.as-japan.jp/seminar/527?fbclid=IwAR1AzqNm4Yeouu3drwyJxnYWGegP2YY1Jwfw4gQutYcUL56ZaWan3CnuNqc



映画『トスカーナの幸せレシピ』は、“元一流シェフ”と“アスペルガー症候群の青年”の友情を描く映画でして。で、これを皆さんで堪能した後にトークイベントへ。で、そのトークイベント登壇者さまが「スゲェーッ!!(゜ロ゜ノ)ノ」のなんの!!辻井CEOのコーディネートで、堀田あけみ先生と…って、ここまでは「行く!参加する!学ばせていただくーっ!」でしょ!でも。なぜかしら…

この あらいめごときに「トーク。参加してね。( ̄ー+ ̄)」と辻井CEOから お声掛け頂きまして…(・・;)



『怖いです…。ボクでは荷が重いです…。(T_T)』と喉元まで出ましたが、そこは辻井CEOからの お声掛け。どんなに我らが お世話になったか。あらいだけではなく、BOSSかみやも法人も、そして田原市も…。として『断れるわけ…ないじゃーーーん!。゚(゚´Д`゚)゚。』と清水の舞台からバンジージャンプするくらいの覚悟で お受けさせて頂いた次第で…。



ってことで。このイベントを企画・実施される中京大 辻井ゼミの学生さん方は、" af 珈琲+ "で、生の現場を、働く姿を取材され、

Dsc_2590


スタッフから「支えの信条」を聴き、そんでもって、当日の あらいは「こ~んな感じでぇ。( ^∀^)」ってお話してくださいました。

Img_20191017_124422



辻井CEO。いつも「イケメン シェフのカレーが食べたいなぁ。」と言ってくださいます。

イケメン シェフ。ふぃ~る工房を長く ご利用し続けてみえる利用者さんです。田原市に おみえになる際は いつも「イケメン シェフのとこ、いこ!(^ー^)」と言って下さり、そのシェフに「おいしかった!(^-^)v」と言って下さいます。ご本人は勿論ですが、我らスタッフにとっても最高の賛辞です。誇りです。昨日、辻井ゼミの学生さんたちも「辻井先生」と同じく「おいしい~!」って言ってくれました。メチャクチャうれしかったです。(^-^)


Dsc_1691 


参加者皆さんには、映画の余韻を楽しみながらのトークイベントとなるようですが、あらいとしては…『余韻ところではない…怖い…。(・・;)』ことに変わりはありませんが、辻井CEOと この学生さん方の思いに『必ず!応える!』と強く思い当日を迎えます!


当日。ひょっとしたら『気を失うかもぉ…(・・;) 』という危惧が…。ので、お時間の ございます方は ぜひ!お越し下さり、『ヤバイ!』と感じたら、あらいの頬を ひっ叩いてやって下さい。もしくは鈍器か何かで!よろしくお願いします。


Dsc_0436


arai

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

〆切 延期


11月2日、3日に開催されるASK専門コース別研修「虐待防止・権利擁護」コースですが、定員に まだ余裕があるため 〆切を延期することとなりました。チラシ、申し込み等は以下より


ダウンロード - e69c80e7b582e78988efbc89e5b082e99680e382b3e383bce382b9e588a5e7a094e4bfaee6a8a9e588a9e69381e8adb7e6a188e58685190929.pdf



今年度の本研修。あらいにも初日、ド初っぱな お役がありまして。行政の職責を豊川市 山本さん、福祉人としての職責を野崎さんへと繋ぎ、初日まとめとして この お二方に加え愛知県知的障害者福祉協会の副会長さまで「それぞれの責務」について協議し、翌日の丸一日演習「熊谷ワーク」へと。

このド初っぱなの講義資料と格闘中。なのですが、これが また産みの苦しみとでも言いましょうか…けっして大きく変更しようと考えておる訳ではないのですが…。 (・・;) 相談支援専門員だけではなく、相談窓口職員だけではなく、直接支援(我ら相談支援専門員もそうですが)に携わる全ての者に共通する職責である「本気で虐待を『0』にするために」を如何に盛り込むか…。野沢さんの「障害者虐待防止法の成立は、被害に遭った障害者たちの 怒りと悲しみの結晶である」という言霊を、皆さんと如何に共有するか…。



Dsc_2584



ASK(愛知県相談支援専門員協会)は、その名称通り「相談支援専門員の質の向上」を目途とした集団です。今までにも多くの方ご、先達・先駆者が お力添え下さり、我らと共にマイクを握って下さってきましたが、現場の責任者さん、支援者さんが参戦して下さった例はあまりなく。

が、今回は、直接支援を担う多くの方が属する集団「愛知県知的障害者福祉協会」の副会長であり、また研修委員さま、そして我らの良き理解者である「わらび園」熊谷かの子園長が我らと共に壇上へ!本気で虐待を『0』にするために、今、そして この後『何をするか!?』、今後の両組織の連携を『如何に考えるか!?』、そして重き責務を負う地方自治体は『何を願うか!?』を議論します。



ASKは、津久井やまゆり園で起こった あの惨劇は「他人事」と思っていません。思えません。玉木さん、敏彦先生、そして津久井やまゆり園で懸命に職責と向き合う須藤さんら津久井やまゆり園の職員さんをお招きし、必死に学ばせて頂いております。どうしても あの惨劇が「津久井やまゆり園だけの問題とは思えない。あの惨劇は、愛知県でも、我がまちでも起こり得る可能性がある」と考えているから。

だからこそ。この虐待防止に研修を含めた取り組みが、相談支援だとか、直接支援だとか、もっというと行政窓口だとか…そんな「各々」で研修は行っているから「それで『ヨシ!』」なんて思ってはいない。繋がなければ、紡がなければいけないと強く、そう!強く!思っています。



ASKとして大きなチャレンジとなります。その研修を串刺しにする講義を、あらいごときが担います。今回だけでなく、今後のあり方も含めての講義を。力不足を痛感する時間が過ぎていきます…。でも…『やるしかねぇ!』です。残す時間は半月。しっかりと備え、挑みます。

Dsc_1852_center

Img_20190317_123301

Img_20190310_200341


(昨年度、「漢」玉木幸則さんを招いての研修会の講義とASKとのシンポジウム風景)



Dsc_2223

Img_20190625_211542 

Img_20190922_131035_20191017022701


(今年度、敏彦先生はじめ津久井やまゆり園 須藤さん、山内さんからの学びの風景と地域移行研修での須藤さんの勇姿)



繰り返しになりますが、定員に まだ余裕があるため、〆切を延期することとなりました。県知的障害者福祉協会さんであり、事業管理者さまにも ご登壇いただける今回。ぜひ!同じ法人内の事業所のサービス管理責任者さん、児童発達管理責任者、虐待防止マネージャーさんなどにもお声かけいただき、受講をお勧めください。

どちらか一日でも構いませんので、共に学びませんか?共に「本気で虐待を『0』にするため」に何をすべきかを考えてみませんか?お待ちしてます。


arai

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

サザエの 棘(トゲ)


最強といわれた台風19号は北上を続けた後、北の太平洋上で消えてなくなりました。東日本の各地から被災の状況が伝えられております。今回も、しぜんのまえでの無力さを痛感すると共に、国、自治体の早急な対策の重要性を痛感しました。被害にあわれた皆さま、慎んでお見舞い申し上げます。


Img_0785


昨日。台風一過の青空の中(野崎さんが名古屋市資料館越しの空を写真に収めていて。送ってくれました。本当にキレイな「青」でしょ。(^-^))昼前に名古屋に向け出発。世の中は3連休 初日ということで、電車も行楽に向かうであろう ご家族で いっぱい。なんだか『微笑ましい。』って感じでの移動。向かった先は名古屋市 ウィルあいち。用向きは、ASKが お届けする自主研修(会員向け)への参戦っす!(`ー´ゞ

「ペアレント・プログラムのエッセンスを相談支援に活かすために」と題し、障害児支援の本質とペアレント・プログラムの理解をテーマに。ASK理事のスペシャリストが、この研修のために創出した秀逸!な講義と資料を持ち込んで!もぉー!これだけで涙腺の弱い あらいは、崩壊を逃れるために必死な感じ。



このペアレント・プログラム。アスペ・エルデの会 辻井CEOから直接「入口」を教わった あらいとしては、このプログラムは子育てに悩まれる親御さんに「知って頂きたい」大事な考え方であるだけでなく、我ら相談支援専門員(支援者)としても「絶対に知っておかなければならない」手法であると考えておりまして。

で、この思い、同じく アスペ・エルデの会 ディレクターである熊谷さんも同じ思いを持ってみえ。「やってみるか!(^-^)v」ってことになり、全6回のプログラムを3時間半のコンパクト版へ必死に変換して頂けて。で、この日を迎えた感じでして。感慨深い時間となったわけで。


Img_20191014_111750


ってことで。ASK鈴木代表の挨拶で開会。でもね、設営や受付なんかを岡崎市 大木さんや一宮市 梅本さんら会員さん方がお手伝い下さったりして いい雰囲気で開会。(^-^)

で、ペアレント・プログラムのエッセンスを相談支援に活かすために、単なるテクニックの取得、修得に留まるのではなく、障害児支援の理念、家族支援の重要性、そしてペアレント・プログラムの理解、演習、まとめとして「相談支援の現場に活かすために」へと。秀逸でした。理論と現場が「一体のなって」あらいの頭の中に注入され、胸に突き刺さりました。


Dsc_2569


この日、会場に集まって下さったASK会員皆さんには、きっと ご満足頂けたことと。発足以来 何年もの間、力ない我らを支え続けて下さる会員皆さんに、ほんの少しですが「ご恩返し」が出来たのでは…と思います!(`◇´)ゞ



ってことで。定刻通り5時閉会。ではすが、「会員向け研修」は ここでは終わりません。第2部へ!( ☆∀☆) 今後とも、ASKを『ご贔屓 頂けるように。』と、会員皆さんと役員とで「あ~でもない。こ~でもない。」と意見交換しました。し…底抜けに笑いました~!楽しかった~!(≧▽≦)


Dsc_0465

Dsc_2573


で、最後は。場所を移し、役員だけが残り、この日を振り返り、明日を、未来を語り合いました。ここんところの恒例?流行?になっているサザエの壺焼きを上手に こしらえる こじまさんを見ながら!前回は陽一郎さんと一緒だったのが、今回は こじまさん一人で、みんなに「わぁわぁ!」言われながら!正に「奮闘!」でした~!(≧▽≦)


Dsc_0466


あ。そうそう。「サザエのトゲ。あるのと無いのがあるよね?これ、何で?」って話に。「同じサザエなのにね。不思議やね。(^ー^)」って。潮流の激しいところのは流されないようにトゲがあるらしいことお話しすると、「ボクらも。同じやね。スベスベのやら、トゲトゲのあるのやら、それが折れてるのやら。ははっ!(^ー^)」ってことに。


焼き網に、5つ並べて写真に納めました。


Dsc_2575


ってことで。ASK会員 皆さま。ご期待に応えられましたでしょうか?あらい個人的には、皆さんと共に学べた、メチャクチャ「楽し~い~!( ☆∀☆)」って時間になりました。至らない点等 多々あったかと思いますが、今後とも!引き続き!ASKを ご指導下さいますよう、よろしくお願いします!


arai

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

衣替え 完了

Img_20191013_015819_20191013022301


夜が ドップリと更け、台風の通過を確認。この先の進路にいる友人たちを思い、被害の無いことを祈り。そしてまた、まだ全てを確認が出来ていない、我がまちの状況にも大きな被害が無いことを祈り。

なんだか…気が急いてならず…。『あっ!そうだ!』と思い立ち。週間天気予報を確認し、「夏の終わり」を確認したところ、今日は台風一過の秋晴れで、少し気温が上がるようです。が、『それに耐えれば…秋。』を確認。で、『ヨッシャ!』と腰をあげ、衣替えをしました。


そしたら…もう2時を回ってました…。(・・;)


明日は名古屋へ。ASK会員向け研修が開催される日。メンバーと一緒に、いつも支えて下さる皆さんと共に学び、共に酌み交わします。メチャクチャ楽しみです。

だから。もう寝なきゃ。おやすみなさい。(^ー^)


arai

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

Re:<防災><無線>風水害避難所開設のお知らせ


大型で非常に強い台風19号は、夕方から夜にかけて田原市に最接近する見込みだそうです。

田原市は風水害避難所を開設しました。移動の際、早めの避難を心掛けて、十分に ご注意下さい。以下。


Img_20191012_090334


>田原市災害対策本部からお知らせします。

>台風第19号が、田原市に近づいています。大雨、暴風、高潮などに警戒してください。

>また、台風の接近に伴い、風水害避難所を本日、午前7時から開設します。避難所は各市民館です。田原中部校区は崋山会館です。今後、急に風や雨が強まる恐れがあるので、避難が必要な方は早めに避難を開始してください。避難の際は、食料、飲料水、常備薬など各自必要なものを持参してください。
>
>田原市災害対策本部


arai

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

<防災><無線>風水害避難所開設のお知らせ

Img_20191011_180354


>田原市防災対策課からお知らせします。

>台風第19号が、田原市に近づいています。大雨、暴風、高潮などに警戒してください。また、台風の接近に伴い、風水害避難所を明日、午前7時に開設します。

>避難所は各市民館です。田原中部校区は崋山会館です。避難が必要な方は早めに避難を開始してください。

>避難の際は、食料、飲料水、常備薬など各自必要なものを持参してください。
>
>
>防災対策課
>

田原市だけではなく、進路にあたる まちの皆さん、我が身は、まず、我が身で守って下さい。あたりも暗くなっておりますので、移動の際も十分に お気をつけ下さい。


arai

| | コメント (0)

用事は今日中に

Img_20191011_081237


最強クラスといわれる台風19号は、明日には田原市に、東海・関東地方に最接近する予報が出ています。台風の接近に伴って、広い範囲で、暴風や警報級の大雨、猛烈な しけとなる見込みです。沿岸部の最大風速は 40m/h にも及ぶ可能性があると言われています。

海に囲まれた田原市の皆さんは勿論のこと、沿岸部に お住まいの皆さん、くれぐれも海には近づかないようにして頂ければ。と、買い物等を含めた外出・用事は、今日中に済ませておいた方が、絶対に!良いと思います。我が身は、まず 我が身で守って下さい。


arai

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

初任者 地区別(三河)演習 初日


昨日は、愛知県 相談支援 初任者研修へ。初任者・サビ管合同講義、全体講義の3日間を経て、いよいよ 後半戦の演習3日間に突入、その初日に参戦です。

この三河地区は、この数年、豊橋市 陽一郎さんが中心となり蒲郡市 中川さん、豊田市 土橋さんが「とん吉・ちん平・かん太」のトロイカ体制で質の向上を図ってるって感じ。互いに認め合い、支え合い、そして高め合い。いい感じです。(^ー^)


Dsc_2558


ってことで。今年も例年通り、陽一郎さんの進行で開会。三河地区の それぞれの まちで奮闘する14名の相談支援専門員がファシリテーターとして各グループに散ります。みていて壮観てました。

この地区。他地区とは違い「国指導者要請研修」参加組が大勢 残っておりまして。その猛者がトロイカを支えます。中には県協議会 人材育成部会の成瀬さん、医療的ケア児部会の大南さんらも。よく ここでも紹介する東三河南部圏域のセンター長は あらい一人しか参加していなくても豪華さを失いません。14のグループがあるにも関わらず新人は たったの2人で、他の方は『もはやベテラン』の雰囲気。(^-^)v

で、あらいは…と申しますと。陽一郎さんから「会場内をラウンドして、ファシリテーターさんのコーチングをして回りなさい。( ̄ー+ ̄)」と言われ…はは…。(-∀-`; ) でも。これには大きな意味合いがありまして。



来年度から当研修は、新カリキュラムへと完全移行します。とすると日程が増えます。として「フル参戦」出来るファシリテーターを増やす、もしくは 交代でグループを担当することも『あるや否や…(・・;) 』と考えると、質の高い平準化と そのファシリテーター増殖を行わなければならず。とすると…「今年しかないや~ん!(;゜∇゜)」ってこと。だから陽一郎さんは「ファシリテーターのコーチング」を目的に、あらいを召集。

数年前。『キレイに退けた。(^-^)v』と思えた この初任者研修。ですが「新カリキュラム」の来襲により、『再度、戦場』へと引き戻された感じ。でも、これ。軽々にではなく、簡単な話でもなく。紆余曲折ありました。が、最終的には次世代の、あのトロイカ体制の若者たちに押しきられた感じ。彼らの「本気」に心が動きました。


Img_20191009_224102


昨日は。みんな頑張りました。先輩も、若者も、必死で演習と、そして受講者皆さんと向き合いました。その中には、田原市の山田姐さんの顔も。正直『よくぞ ここまで。(TT)』と思えるほどの 取り回し。姐さん!カッコよかったっす!マジっす!(#^.^#)


Img_20191010_172253


あ。勿論!あらいも会場中を目が回るほど歩き回りました。最後、足もヘロヘロでした。もっというと、最後の最後、マイクも無しで吠えさせられたので喉もからからになりましたし…。(@_@)



初日の終了後。三河地区恒例の反省会へ。最終日だけでなく、都度、反省会へ向かいます。そこで一日を振り返り、次への士気を高め、そして未来(あす)に夢を馳せます。あまりに楽しくて写真を取り忘れるほど。思ったことは『この地区は、着実に世代交代。進んでいる。(^ー^)』ってこと。



みんなが終電に散ったあと、あらいは一人で三次「反省会」へ。一人。この一日を振り返り、今日に至るまでの何年間も振り返り、そして やはり未来に夢を馳せました。本気の『ファイル近し』を思いました。


Dsc_0462


arai

| | コメント (0)

【ASK】台風接近に伴う「ペアプロを相談支援に活かす」(10月13日)の開催可否について


猛烈な勢力の台風19号は北上を続け、12日(土)夜にも東海や関東に上陸する可能性が高まっているというアナウンスから、関西も…と その範囲を広げているようです。田原市も当然ですが、進路にあたられる地域の皆さん、くれぐれも お気をつけください。


Img_20191010_144825



愛知県相談支援専門員協会より、台風接近に伴うASK会員向け自主研修「ペアプロを相談支援に活かす」(10月13日)の開催可否についてのお知らせです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


会員のみなさま ※ 研修のお申し込みをいただいていない方にもお知らせ致します。


【会員向研修】ペアプロを相談支援に活かす」を10月13日(日)午後1時30分からウイルあいちセミナールーム5にて開催する予定です。(募集はすでに終了)

現在、台風19号が接近しており10月12日(土)午後から夜にかけて愛知県に最接近する恐れがあります。これにともない、暴風警報や計画運行が行われる可能性があり、同研修が開催できない恐れがあります。

当日(10月13日(日))午前10時までに開催可否を判断しますので、当協会ブログ(http://askyoukai.seesaa.net/)にご注意下さい。なお、計画運行が早い段階で実施されることが決定した場合は、早い段階で開催可否を判断する場合がありますので、あわせてご注意下さい。


ASK事務局


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


arai

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

八人目 のASKが如く


本日は(やはり…本日も。ですね… (・・;) )愛知県 白壁庁舎で開催される 令和元年 愛知県障害者虐待防止・権利擁護(相談窓口職員向け)に参戦のため名古屋市へ。実施主体は愛知県なのですが、あらいは全面バックアップのASKとしての参戦!これ。平成23年度の障害者虐待防止法 施行前夜から続く愛知県とASKの協働体制っす!(`ー´ゞ


ってことで。午前9時15分 開会。まずは「障害者虐待対応における市町村職員・相談窓口職員の使命」と題した講義から。「市町村職員の使命」までを我ら相談支援専門員という立場でお話するというのは極めてあり得ません。ので、この講義を長年 担って下さる豊川市 山本さんから、我らに無いリアリティーをベースにしたミッションについてを、熱を帯びてお伝え頂きました。


Img_20191007_161420


真面目な話。この講義を託して何年になるのでしょう…。それくらい長きにわたっています。ただで さえ「きっちりと。しっかりと。」お伝え下さっているものが、数を重ねる毎に、年を重ねる毎に、確信部分のアクセントとでも言うべきところは、冷静な語り口調ではありますが、山本さんの『行政職員としての覚悟』が語られているかのように感じられる、そんな迫力あるものとなっています。職業人として倣うべき、習うべき姿です。

あらいは最後列で山本さんの講義を拝聴する中で、強く感じたのは、この姿に見たものは「八人目のASK」が如く。ので、あえて「ありがとうございました」は言いません。「お疲れさまでした。」と「また。共に闘いましょう!」<(_ _)>




で、昼休憩を挟んだ午後からはASKの出番。作りに創り込まれた初動対応を、いくつかの演習に託した「熊谷ワーク」。個人、グループ、そして都度 解説を繰り返しながら参加者皆さんに理解を深めて頂きました。今日はフルバージョンとコンパクトバージョンの中間?的な構成で、4つの演習に託して。


Dsc_2548


この熊谷ワーク。もう何年も何年も、愛知県では伝達、伝承しています。その都度、あらいも お手伝いさせて頂いてきていますが、その都度、毎年毎年 新たな気づきがあったり、「忘れてはいけない」大事なことを思い出させてくれる、そんな時間です。

今から7年前。熊谷ワーク誕生の際、メチャクチャご助言下さった、それ以降、ASKが「師」として仰ぐ敏彦先生が「分からない。(帳票を)書けない。ということを理解することも大事なこと。」と教わったことを明白に思い出しました。そして豊川市 山本さんから「虐待対応は日常的にある職務ではないが、特別な職務ではない。」という言葉も。


Img_20191007_161155


5時、閉会。ASKとして愛知県と しっかり協働出来たとします。マイクを持つ者も、後方支援に回る者も、精一杯で 臨みました。ご理解頂ける研修てあったのでえれば幸せです。



ってことで。反省会へ!珍しく少人数で~!反省会?懇親会?は「付いて回るもの」であるASK研修ですが、珍しく仲間うちはばかりで、なんだか「大盛り上がり」で~!(≧▽≦)

 

一日中、マイクを握り、必死で言霊を放ち続けた同志と、それを頼まれることもなおのに『私が!(`ー´ゞ』と裏方として汗した同志と一緒の時間は、語らいの時間は、まさに「至福」といえる、そんな時間でした。感激の時間でした。「せっかくだから!(^ー^)」って一枚。主役がいない(大人の事情で…)写真ですが…メチャクチャ楽しく学ばせて頂きました!


Dsc_0458


ってことで。いい時間となり「そろそろ。退きますか?」ってな時間となり、名残惜しさ満タンではありましたが、そこは「週のらあたま」…そ、そうですね。と お会計を済ませ退店、そして帰路へ。ただ。最後、主役がトイレ休憩をとってる間に見失ってしまい、「お疲れさま~!」って言えなかったことが…八人目のメンバーにも、孤軍奮闘のメンバーにも…心残りっす…。ううっ…。

トイレ 行くなら、言ってってよぉ~。(T_T)


arai

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

休日のセンター

Dsc_0451


休日の福祉センターは、とっても静か。

山積みの残務… (・・;) と向き合うには
絶好のシチュエーションです。(^ー^)


arai

| | コメント (0)

初任者・サビ管 合同講義 3/3

 
昨日は(も? (-∀-`; ) )朝一から名古屋市 ウィルあいちへ。令和元年度 愛知県相談支援 初任者・サービス管理責任者 合同講義の3回目に!ファイナルに!参戦っす!(`◇´)ゞ


あらいの お役は、後備え、殿(しんがり)、まとめ的な、皆さんの講義を串刺しする役割。「相談支援の地域への視点 ~相談支援体制と地域づくり~」。ケースワークからコミュニティワーク、そしてソーシャルワークを協議会に絡めながら、学校介助員制度の創出、医療ケア児支援、高齢精神障害者支援から、そして農福連携から学ばせて頂いたことも 織り混ぜながら お話させて頂きました。



Dsc_5538_20191005104601  


ただ。当たり前ではありますが、その基本は「聴くことから」始まるのだ。それが「最大の権利擁護」なのだ。という優さんの言霊をお伝えさせて頂きました。


Img_20191006_113806


3日間で 約 1,500名の方に我らの職責と 遣り甲斐について お話させて頂きました。3日間を通じて「同じ話を、同じように。」お伝えするのって、我らにとってはメチャクチャ高いハードル、プレッシャーでした。ある者は ずーっと控えに一人籠り資料と向き合い、ある者は登壇前の舞台袖のイスで祈りながら出番を待ち皆さんの前に立ちました。『これで、伝わるだろうか?ご理解頂けるだろうか?』の不安を抱いて前へ。


Dsc_2537


受講された皆さん。あらいは勿論ですが、全ての者が精一杯で臨みました。ご理解頂けていれば幸せです。ありがとうございました。



ってことで。最終日 登壇した こじまさん、豊橋市 陽一郎さん、一宮市 梅本さんと4人で反省会!メチャクチャ楽しかったです!あの修練?荒行?からの解放感からであることは間違いないことかと!(≧▽≦)


Dsc_0447


本当は。『この研修に関わった、同じ思いを持った者 全てが ここに集い、互いを労えたらいいのに。(^-^)』と思いながら閉店までの時間を過ごしました。



ってことで。
こじまさん。約束、果たしたよ。
また、じっくり語りましょ。(^-^)v


71640307_2482832208641403_71207559021513

arai

| | コメント (2)

2019年10月 2日 (水)

寄席文字の木札

田原市の重鎮であり、我ら力ない協議会事務局を支え続けて下さる 鎌田さんが牽引する、生活介護事業所「田原授産所」さんの職員研修で、権利擁護・虐待防止について お話させて頂きました。


Dsc_0441


いろんな意味で感慨深く、この大役を担い、なんとか終えることが出来ました。怖かったですけど。本当に『なんとか。(-∀-`; )』ですが、90分ミッチリ使って、しっかりと。



終了後。鎌田さんから『よく頑張りました』というご褒美を、鎌田さん直筆の寄席文字で「新井在慶」の名が書かれた木札を頂きました。この木札に応えられる内容だったか…些か不安にはなりましたが…でも!喜んで頂きました~!


Dsc_2539


重鎮 鎌田さま


くりかえしになりますが、ご期待に応えられましたか些か…メチャクチャ不安ではありますが、精一杯で務めました。また、いろいろと ご指導くださいますよう、よろしくお願いします!(`ー´ゞ


arai

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

指定席

今夜はASK 研修委員会でした。

行きの記憶は全くなく…帰路も ほとんど…。(・・;)
ここんところバタバタしてて、寝不足のせいか…。

ま。ある意味。指定席の正しい活用法か!(≧▽≦)


Dsc_2535

arai

| | コメント (0)

「夜明け前」 三夜連続


chanoma " presents "

令和元年 田原市自殺対策研修会
(共催:東三河南部圏域 地域アドバイザー)


【上映会】
夜明け前
呉秀三と無名の精神障害者の100年

今から100年前 精神病に有効な治療法が無かった時代、座敷牢に幽閉された精神病者を救おうと奔走した一人の男がいた


今回、精神障害のある方の地域生活を「真」に考える皆さんと、共に学ぶ機会として、ひらまつぴーを中心とした「chanoma会議」のメンバーが、この上映会を「三夜連続」で開催することで、障害者に対する偏見を解消し、無縁社会ではなく「共生社会」の実現を目指すこととしました。

三夜ともに、chanoma会議メンバーが集結し、皆さまとの意見交換の時間を楽しみにしております。<(_ _)>


Img_20190930_174000


日 時:令和元年11月11日(月)~13日(水)
    18時半~20時(三夜とも)
場 所:田原福祉センター 3階 会議室
参加費:無料(要申込み)
問合せ:
TEL 0531-23-3812 FAX 0531-23-3110
E-mail feel-collabo@nifty.com

チラシは以下から

ダウンロード - 2019.11.1120chanoma20forum.pdf



arai

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »