« 休日のセンター | トップページ | 【ASK】台風接近に伴う「ペアプロを相談支援に活かす」(10月13日)の開催可否について »

2019年10月 7日 (月)

八人目 のASKが如く


本日は(やはり…本日も。ですね… (・・;) )愛知県 白壁庁舎で開催される 令和元年 愛知県障害者虐待防止・権利擁護(相談窓口職員向け)に参戦のため名古屋市へ。実施主体は愛知県なのですが、あらいは全面バックアップのASKとしての参戦!これ。平成23年度の障害者虐待防止法 施行前夜から続く愛知県とASKの協働体制っす!(`ー´ゞ


ってことで。午前9時15分 開会。まずは「障害者虐待対応における市町村職員・相談窓口職員の使命」と題した講義から。「市町村職員の使命」までを我ら相談支援専門員という立場でお話するというのは極めてあり得ません。ので、この講義を長年 担って下さる豊川市 山本さんから、我らに無いリアリティーをベースにしたミッションについてを、熱を帯びてお伝え頂きました。


Img_20191007_161420


真面目な話。この講義を託して何年になるのでしょう…。それくらい長きにわたっています。ただで さえ「きっちりと。しっかりと。」お伝え下さっているものが、数を重ねる毎に、年を重ねる毎に、確信部分のアクセントとでも言うべきところは、冷静な語り口調ではありますが、山本さんの『行政職員としての覚悟』が語られているかのように感じられる、そんな迫力あるものとなっています。職業人として倣うべき、習うべき姿です。

あらいは最後列で山本さんの講義を拝聴する中で、強く感じたのは、この姿に見たものは「八人目のASK」が如く。ので、あえて「ありがとうございました」は言いません。「お疲れさまでした。」と「また。共に闘いましょう!」<(_ _)>




で、昼休憩を挟んだ午後からはASKの出番。作りに創り込まれた初動対応を、いくつかの演習に託した「熊谷ワーク」。個人、グループ、そして都度 解説を繰り返しながら参加者皆さんに理解を深めて頂きました。今日はフルバージョンとコンパクトバージョンの中間?的な構成で、4つの演習に託して。


Dsc_2548


この熊谷ワーク。もう何年も何年も、愛知県では伝達、伝承しています。その都度、あらいも お手伝いさせて頂いてきていますが、その都度、毎年毎年 新たな気づきがあったり、「忘れてはいけない」大事なことを思い出させてくれる、そんな時間です。

今から7年前。熊谷ワーク誕生の際、メチャクチャご助言下さった、それ以降、ASKが「師」として仰ぐ敏彦先生が「分からない。(帳票を)書けない。ということを理解することも大事なこと。」と教わったことを明白に思い出しました。そして豊川市 山本さんから「虐待対応は日常的にある職務ではないが、特別な職務ではない。」という言葉も。


Img_20191007_161155


5時、閉会。ASKとして愛知県と しっかり協働出来たとします。マイクを持つ者も、後方支援に回る者も、精一杯で 臨みました。ご理解頂ける研修てあったのでえれば幸せです。



ってことで。反省会へ!珍しく少人数で~!反省会?懇親会?は「付いて回るもの」であるASK研修ですが、珍しく仲間うちはばかりで、なんだか「大盛り上がり」で~!(≧▽≦)

 

一日中、マイクを握り、必死で言霊を放ち続けた同志と、それを頼まれることもなおのに『私が!(`ー´ゞ』と裏方として汗した同志と一緒の時間は、語らいの時間は、まさに「至福」といえる、そんな時間でした。感激の時間でした。「せっかくだから!(^ー^)」って一枚。主役がいない(大人の事情で…)写真ですが…メチャクチャ楽しく学ばせて頂きました!


Dsc_0458


ってことで。いい時間となり「そろそろ。退きますか?」ってな時間となり、名残惜しさ満タンではありましたが、そこは「週のらあたま」…そ、そうですね。と お会計を済ませ退店、そして帰路へ。ただ。最後、主役がトイレ休憩をとってる間に見失ってしまい、「お疲れさま~!」って言えなかったことが…八人目のメンバーにも、孤軍奮闘のメンバーにも…心残りっす…。ううっ…。

トイレ 行くなら、言ってってよぉ~。(T_T)


arai

|

« 休日のセンター | トップページ | 【ASK】台風接近に伴う「ペアプロを相談支援に活かす」(10月13日)の開催可否について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日のセンター | トップページ | 【ASK】台風接近に伴う「ペアプロを相談支援に活かす」(10月13日)の開催可否について »