« 一味 違うぜ | トップページ | 「 Children first 」再び »

2019年10月27日 (日)

フルパワー


昨日は、夜に入り名古屋市へ。お伝えしておりました、LIUB2020 名古屋実行委員会(アスペ・エルデの会と中京大 辻井ゼミの合同チーム) 主催の、映画『トスカーナの幸せレシピ』の上映会とトークイベントに参加するため。まさに「俎上の鯉」状態で、落ち着きなく名古屋市へ。(・・;)


Img_20191026_175113


会場に着き、辻井CEOがすぐに見つけて下さり控えへと。中には既に椙山女学園 堀田先生が おみえで。で、辻井CEOの3人で談笑。ひきつった顔でしたが…なんとか笑顔を維持していると、「よ。( ^∀^)」と熊谷さんが。心の中で『熊谷さ~ん!ありがとう~!』叫びました。持つべきものは友達思いの良き友ですぅ~!。゚(゚´Д`゚)゚。



と。ほどなく定刻となり、イベント開会。まずは上映会から。「トスカーナは幸せレシピ」。もーーーっ!メチャクチャ!ステキな映画でした!映画そのものが「キレイ~」でウットリ。*。・+(人*´∀`)+・。* ってだけでなく、リアリティーある内容に、あらい自身 20年前を思い出し、数々の ご本人さんとの時間を思い出し。

そして、自閉症の主人公と気短な天才シェフの2人が発する「フルパワー!」の声に、そして2人の やり取りに、後半は「ずーーーっと!」涙が溢れてました…。えーい!これじゃ伝わらん!皆さん、ぜひ!映画館へ!そして「フルパワー」の叫びを聴いて下さい!感激、感涙すること間違いなしっす!っていうか、こうして振り返る今も「フルパワーッ!」が頭の中で響きます。



で、上映会終了後。まずは 辻井ゼミの生徒さんから、先日の
「af 珈琲 + 」での取材の様子が映像と共に紹介され…

http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2019/10/post-136324.html


Dsc_2595


いよいよ「俎上」へ。清水の舞台へ。(・・;)

生徒さんから 自閉症の方の理解や支えのあり方ってな感じの質問に、椙山女学園 堀田先生、あらい、そして辻井CEOの順で お答えするって感じ。細かく打ち合わせた訳ではないのですが、いい感じで役割分担。堀田先生は「母」として、あらいとしては、この20年間を振り返りながら、実践の話をさせて頂きました。それを辻井CEOが丁寧に拾って下さる感じで。

Img_20191028_160425

Image0


(辻井ゼミ生徒さんから届きました。)でね。何度も、何度も、「イケメン・シェフ!」、「ぜひ!豊川稲荷前の af 珈琲 + へ!」と連呼下さる辻井CEOの言葉に涙を堪えるのに必死の時間となりました。我ら法人は本当に恵まれています。はい。(´;ω;`)ウッ…




終了後。辻井CEOから「メシ。いこ。(^ー^)」と お声かけ頂き、アスペ・エルデの会のスタッフ皆さんとメチャクチャ贅沢な時間を過ごさせて頂きました。しかも!あらいの席は辻井CEOの真ん前!失礼を承知で、あれこれ聴いちゃいましたし、ありがたいかな あれこれ教えて下さいました。贅沢の極みです。((T_T))

で。終電が間近に迫り「そろそろ。」となったドサクサに紛れ、家族への土産に、写真!お願いします~!」 と哀願。で、この一枚!( ☆∀☆) 清水寺の舞台から「バンジー!」で挑んだ今回だからこそ『エーーーイッ(≧▽≦)』と ばかり(´ 3`) こういうのを ご褒美っていうのでしょ!ん?無謀なのか…でも!いいもん!撮っちゃったも~ん!叱られなかったも~ん!!(///ω///)


Dsc_2649


いや~清水の舞台からバンジー!しちゃうと、こんな暴挙もできちゃうんですね~!新たな学びです~!(*´▽`*)



ということで。辻井ゼミの皆さん、アスペ・エルデの会皆さん、本当にステキな機会を ありがとうございました。映画の内容に、そして皆さんが緊張しながらも やり遂げる姿に「初心」に還ることが出来ました。本当に感謝です。また お会い出来る日を楽しみにしてます。(^-^)


Img_20191018_141024


そして なにより 辻井CEO、メチャクチャありがとうございました。『ご恩返し』なんて自惚れた思いで伺ってしまいました…。恥ずかしいてす。また今回も、メチャクチャ教わりました。イベントも、反省会でも。この時間に恥じることのない動きを、これからも心掛けます!また 鍛えてやって下さい。「フルパワー!」で!


arai

|

« 一味 違うぜ | トップページ | 「 Children first 」再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一味 違うぜ | トップページ | 「 Children first 」再び »