« サザエの 棘(トゲ) | トップページ | 辻井ゼミ in " af 珈琲 + " »

2019年10月17日 (木)

〆切 延期


11月2日、3日に開催されるASK専門コース別研修「虐待防止・権利擁護」コースですが、定員に まだ余裕があるため 〆切を延期することとなりました。チラシ、申し込み等は以下より


ダウンロード - e69c80e7b582e78988efbc89e5b082e99680e382b3e383bce382b9e588a5e7a094e4bfaee6a8a9e588a9e69381e8adb7e6a188e58685190929.pdf



今年度の本研修。あらいにも初日、ド初っぱな お役がありまして。行政の職責を豊川市 山本さん、福祉人としての職責を野崎さんへと繋ぎ、初日まとめとして この お二方に加え愛知県知的障害者福祉協会の副会長さまで「それぞれの責務」について協議し、翌日の丸一日演習「熊谷ワーク」へと。

このド初っぱなの講義資料と格闘中。なのですが、これが また産みの苦しみとでも言いましょうか…けっして大きく変更しようと考えておる訳ではないのですが…。 (・・;) 相談支援専門員だけではなく、相談窓口職員だけではなく、直接支援(我ら相談支援専門員もそうですが)に携わる全ての者に共通する職責である「本気で虐待を『0』にするために」を如何に盛り込むか…。野沢さんの「障害者虐待防止法の成立は、被害に遭った障害者たちの 怒りと悲しみの結晶である」という言霊を、皆さんと如何に共有するか…。



Dsc_2584



ASK(愛知県相談支援専門員協会)は、その名称通り「相談支援専門員の質の向上」を目途とした集団です。今までにも多くの方ご、先達・先駆者が お力添え下さり、我らと共にマイクを握って下さってきましたが、現場の責任者さん、支援者さんが参戦して下さった例はあまりなく。

が、今回は、直接支援を担う多くの方が属する集団「愛知県知的障害者福祉協会」の副会長であり、また研修委員さま、そして我らの良き理解者である「わらび園」熊谷かの子園長が我らと共に壇上へ!本気で虐待を『0』にするために、今、そして この後『何をするか!?』、今後の両組織の連携を『如何に考えるか!?』、そして重き責務を負う地方自治体は『何を願うか!?』を議論します。



ASKは、津久井やまゆり園で起こった あの惨劇は「他人事」と思っていません。思えません。玉木さん、敏彦先生、そして津久井やまゆり園で懸命に職責と向き合う須藤さんら津久井やまゆり園の職員さんをお招きし、必死に学ばせて頂いております。どうしても あの惨劇が「津久井やまゆり園だけの問題とは思えない。あの惨劇は、愛知県でも、我がまちでも起こり得る可能性がある」と考えているから。

だからこそ。この虐待防止に研修を含めた取り組みが、相談支援だとか、直接支援だとか、もっというと行政窓口だとか…そんな「各々」で研修は行っているから「それで『ヨシ!』」なんて思ってはいない。繋がなければ、紡がなければいけないと強く、そう!強く!思っています。



ASKとして大きなチャレンジとなります。その研修を串刺しにする講義を、あらいごときが担います。今回だけでなく、今後のあり方も含めての講義を。力不足を痛感する時間が過ぎていきます…。でも…『やるしかねぇ!』です。残す時間は半月。しっかりと備え、挑みます。

Dsc_1852_center

Img_20190317_123301

Img_20190310_200341


(昨年度、「漢」玉木幸則さんを招いての研修会の講義とASKとのシンポジウム風景)



Dsc_2223

Img_20190625_211542 

Img_20190922_131035_20191017022701


(今年度、敏彦先生はじめ津久井やまゆり園 須藤さん、山内さんからの学びの風景と地域移行研修での須藤さんの勇姿)



繰り返しになりますが、定員に まだ余裕があるため、〆切を延期することとなりました。県知的障害者福祉協会さんであり、事業管理者さまにも ご登壇いただける今回。ぜひ!同じ法人内の事業所のサービス管理責任者さん、児童発達管理責任者、虐待防止マネージャーさんなどにもお声かけいただき、受講をお勧めください。

どちらか一日でも構いませんので、共に学びませんか?共に「本気で虐待を『0』にするため」に何をすべきかを考えてみませんか?お待ちしてます。


arai

|

« サザエの 棘(トゲ) | トップページ | 辻井ゼミ in " af 珈琲 + " »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サザエの 棘(トゲ) | トップページ | 辻井ゼミ in " af 珈琲 + " »