« アマビエ さま | トップページ | 乗り越える! »

2020年7月 5日 (日)

「はぴねす」再開

 
田原市は今日も雨。今日もセンター。コロナ騒動の中、延び延びとなっていた就労チームの『サロン・はぴねす』が開催されました。入り口・窓を開放し、フィジカル ディスタンスを確保し、入場前に消毒・検温の準備も しっかりし。それでも不安イッパイ。


Dsc_3997_20200705211201


でもね。開会時間の随分前からメンバーさんらは集まってみえ、準備段階から手伝ってくださいました。みんな『待っててくれたんだなぁ。(///∇///)』と、感慨深く 開会の時間を待ちました。



2時 開会。こちらの予想を大きく上回る方が ご参加下さいました。「お友だち、誘ってきた。(^-^)v」って方も。勿論、大きめの会場を 押さえてありましたので、そちらの問題はなく。あちこちで聞こえる「久しぶり~!(≧▽≦)」に感動する ボクの情緒の安定の方が『ヤバイ… (T∀T)』くらいで。

で。いつも通り…ではなく、今回は久しぶりってこともあってか、就労専門員の小久保・わーく伴の2人から「あんた。まず お礼と、コロナ騒動の間 家庭の過ごし方や仕事場の状況は どうだった?って話。で、新たな日常生活、社会生活、仕事の取り組み方について。みんなと やり取りして。( ̄ー+ ̄) ニヤリ。」と…(-∀-`; )

で、その後は…いつも通り~!それぞれが、それぞれの楽しみ方で久しぶりの「はぴねす」を楽しんでみえました。『あ。(゚Д゚≡゚Д゚)゙?』という間の2時間でした。


Img_20200705_204016



なんていうか…。「就労者のサロン」の必要性がクローズアップされている まちって多いことを お聴きします。その まちで議論される背景と 我がまちとで相違点もあろうかと思いますので、一概に言えないですかね。大事にしているのは、「余暇」を「余った時間」「仕事以外の時間」として捉えるのではなく、その方の生活の質向上って捉えて、個人が「楽しむ時間」として位置づけています。

と、そもそもの話。人との関わりが苦手、でも仲間は欲しいって方に、「出会い」の機会を、って思って始めた我が まち。支援検討会(教育・子育て支援との連動を構築する部会)との串刺しをテーマでもある試みだったりするものですから、2人の、就労専門員の気合いも『いい感じ。(^ー^)』で。



帰り際。「またねぇ~!(≧▽≦)」の声が あちこちから。この日を迎えるにあたり、『如何に備え、如何に行うか!?』を必死に取り組んだ2人には、何よりのご褒美だったんじゃないでしょうか。

こうなると…どちらが支援をしていて、どちらが受けているか、なんか よく分かんないっすよね。(^ー^)


arai

|

« アマビエ さま | トップページ | 乗り越える! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマビエ さま | トップページ | 乗り越える! »