« '20 セルフ・マネジメント 研修 (前編) | トップページ | ようこそ!「虎の穴」へ »

2020年10月13日 (火)

'20 セルフ・マネジメント研修 (後編)


ってことで後編です。m(_ _)m


杉江さん。地元 半田市でのアグレッシブな活動の中には、社協さんらとタッグを組んで市内学校を巡回しての「ふくし共育」等の学生(次世代)に向けて「伝える」という活動も丁寧にされてみえます。この日、杉江さんのアグレッシブな活動の根拠も、我らに解りやすくお伝えしてくれました。

そればかりか、今回のテーマである「セルフマネジメント」「意思決定」についても触れ、問題提起だけに留まらす我らへの課題としてお伝え下さいました。原田さんとタッグを組んで。先のあらいの話にも繋がる『支援という名のものに、我らは偏見から、そして差別へと、なってしまっている…』と反省もさせられました。

先にも書きましたが、大ハンマーで打たれたことも含めた痛みを強く感じました。が、なぜだか、心地よさを感じました。杉江さん、そして原田さん、本当に ありがとうございました。m(_ _)m



で、次は。「『地域共生社会と まちづくり』を考える」を半田市社協 副事務局長 前山憲一さんから。この入りにド肝を抜かれたのは あらいだけではないかと。あらいも憧れる 新撰組 土方歳三「鬼の」副長 が!しかも、吹き出しには「この柵にありて、退く者を斬る」という土方の言霊が!( ☆∀☆)


Dsc_4146 

32


前山さんの入りは「今、福祉は大変なことになっている。福祉の未来のために『待ったなし!』なんだ。」から。国の「地域共生社会推進検討会 最終とりまとめ」資料を活用し我らに求められる新たな役割と、それに伴う思想の転換を優しい口調ではありますが、強く!強く!お伝え下さいました。
 

Dsc_4144


この理解を深めた上で、画面上には杉江さんが何度も登場される半田市の「共生社会に向けた」実践を ご紹介下さり、「今こそ多職種・地域共生社会が問われる」だからこそ「豪華客船型からイカダ型へ」を推奨された上で「支えあいの まちづくり」を強く訴えられ ご講義を締め括られました。前山さんの「ソーシャルワーカー」としてのプライドに敬服した時間となりました。(`ー´ゞ



ってことで、最後。全体共有へ。演習には強い思いを持つ ASK ではありますが、コロナ禍、グループワークが ままならず、事前にお配りしていたシートに講義中に気付いた「セルフマネジメント」、「意思決定支援」となるポイントを書き留めて頂いていたものわ全体共有、講師陣からの返答、助言等を、こじまさんのコーディネートで丁寧に、会場とリモートを結びながら共有しました。


Dsc_4148

Horizon_0001_burst20201011155946989_cove


台風一過の晴天の中、初リモート混合開催ということではありましたが、無事に閉会の時間を迎えることが出来ました。繰り返しになりますが、台風の進路予想に翻弄された感はありますが、「万一に備え」として準備、待機して下さった半田市基幹センター皆さんにも『感謝!m(_ _)m』の思いを強く持ち、頭を垂れて この時間を迎えた あらいでした。

杉江さん、前山さん、そして原田さん。皆さんの おかげでASKは今年度のスタートを「ステキ!」な形で切ることが出来ました。本当に ありがとうございました!<(_ _)>


Horizon_0001_burst20201011164328577_cove


これから年度末に向かい、ASK は今年もまた皆さんの ご期待に応えられますよう全力で突っ走ります!ゆえ、皆さん、今年度も よろしくお願いします!


arai

 

|

« '20 セルフ・マネジメント 研修 (前編) | トップページ | ようこそ!「虎の穴」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« '20 セルフ・マネジメント 研修 (前編) | トップページ | ようこそ!「虎の穴」へ »