« 愛情イッパイで | トップページ | 「幻想を捨てる」(後編) »

2020年10月26日 (月)

「幻想を捨てる」(前編)


なんだかバタバタしてまして…

土曜日。ボクにとってド真面目な修行…荒行!がありまして。もっと早く、長く記憶に留めるために、否、刻み込むために、ここに書き記したいと思ってましたが、安直に振り返り記すのは「どぉーしても!いや!(>д<)ノ」だったんで…こんなに遅いアップとなってしまいました…。ってことで。(。・ω・。)ゞ



田原市は障害者自立支援協議会の設置に手間取り(取り組み過ぎ…?)、国が示した設置の期限「平成19年度内」に間に合わず、平成20年度に入った8月、師の師である 山田優さんをお招きし、「『聴くこと』から始める」ことを確認し、ようやく協議会を発足させました。


Grl_0028


『さて。なにから すんべ…。 (-_-;) 』と、当時の行政マンと「あれやこれや?」と「あぁでもない…こぉでもない…」との議論に明け暮れる毎日を過ごしましたが、「当時の」この まちの行政は熱く!官民協働で紆余曲折ありながらも、平成21年度には教育と福祉が連携し「学校介助員派遣事業」を創設、この勢いそのままに、その後は「全速力で!」突っ走り続けました。



ですが…発足から 10年が過ぎた頃。『ふ。』と気づくと、共に突っ走っていた官も、民も、誰もいなくなり、当時のことを知る者はいなくなり…。協議会は当初の思いは薄くなり…。『何とかせねば』の思いで「協議会 再考!解体!」を訴えたが「そこまでしなくてもぉ。」の反対を受け不発…。もっというと…ボクを「必要」と言われながらも、その実は『疎まれている… (゜ロ゜)』と感じられるようになり…。


『自分の居場所は… 』と苦悩するように。
『もう…いなくなった方が…』とも思え…。



そんな中。昨年末。秋葉原で全国の猛者が集い開かれる、毎年恒例の「ふわりんクルージョン」に参戦したのですが、そこで この軟弱者は大ハンマーで頭をブン殴られた次第で…。自分が『苦悩』と思っていたことが、如何に「狭義」であり、如何に「満身」であったかを思い知らされ、マジ・モードで反省させて頂きまして…『で。ボクは…どうしたら…(´TωT`)』と…。


Img_20181217_121650

そんな時。師匠の盟友(ボクは勝手に そう思ってます。m(_ _)m)である 寝屋川市 の冨田さん(ボクは勝手に『冨田兄ぃさん』の お呼びしてます。(^ー^))から「あらいさん。ちょっと手伝って。協議会についてのオンライン・セミナー、やろうと思って。最終回に対談の相手、してくれますか。(^ー^)」と…。( ゜o゜)

正直。『… 無理っす… 冨田兄ぃさんの お相手など、ボクごときでは務まりませんから…。恥ずかしいけど…。(*T^T)』と思い、断ろう…とも思いました。が、冨田兄ぃさんのこと。このボクのポテンシャルくらい百も承知の はず。にも関わらず 敢えて「あらいに」と思われたのは、何らかの意図が おありだと思え。


Img_20200301_1119142


この軟弱者に『喝!入れたんねん!(; ・`д・´)』ってこととか… 『可哀想やし。ちょっと教えたらアカンかなぁ。┐(´・c_・` ;)┌』という親心ってこととか…普段から気にかけて下さっている、面倒でも あらいと しっかりと向き合って下さる冨田兄ぃさんですから…『断わることなんて出来ねぇーっ!(>д<)ノ』 と、清水の舞台から「バンジー!(T0T)」のつもりで お受けしました…



その「バンジー!」が先週末に開催され、無事に終えることが出来た次第でして。いろんな思いがあったので、おいそれとは ここに書き記すことが出来なかったって訳です。ね。こうして、当日の話には一切 触れてないのに、もはや「前半」が終わってしまってる…。はは…。( ゚д゚)ハッ!


arai

|

« 愛情イッパイで | トップページ | 「幻想を捨てる」(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛情イッパイで | トップページ | 「幻想を捨てる」(後編) »