« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月30日 (金)

" Jack " が 染みる


毎日、毎日、県内を走り回り、行った先々で、ただただギターを掻き鳴らし、ただただ叫び続けていた時代。今から、ほんの20年前。


ボクが どれだけ叫んでも『なんだ?こいつ?』と相手にもしてくれなかった方々が、少し、また少しと『お前。面白いなぁ。(^ー^)』と感じてか、少し、また少しと相手にしてくれた時代。

その日々が、とても幸せだった。



Img_20190926_085548_20210430234501


なんだか…遠くにきてしまったような。

ボクは 何にも変わっていないと思っているが、本当は ボク自身が『遠くに』と動いてきたのか?と、思えてしまう…そんな夜。



今夜は…とても " Jack Daniel's " が染みる…



arai

| | コメント (0)

2021年4月27日 (火)

退路を断つ!

本日は。協議会 改変 最中の事務局会議。

圏域・地域アドバイザーの江川さんをお招きして、これまでの ご尽力に対しての 御礼と、「施策推進会議」の名称に託した思い、願いと、その根拠を説明。

と。「このあと『えらいことになるかも知れないので、更なる お力添えを!』という お願い。(´;ω;`)ウゥゥ」を したところ、的確な ご助言のあと、ほぼ半笑いで。「よっしゃ。(-∀-`; )」と。


Center_0001_burst20210427100607047_cover


社会資源の乏しい 我らがまち。「無いから ゴメンね。」で終わらせてはいけないわけで。こうして ご理解頂き!ご支援頂くってこと。メチャクチャ大事なんですよ。と、感謝の気持ちを持つこともね。江川さん、豊橋市さん、いつも ありがとうございます。<(_ _)>


とにもかくにも。これで圏域レベルで公言しました。これで退路は断ちました。進むのみ!


arai

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

アドバイザー 着任


他市に遅れること数年…(-∀-`; ) ようやく、我らが まちも本腰を入れて医療的ケア児の支援体制整備に向かうこととなりました。

今まで、この素行の粗暴さからか…言葉遣いの下品さからか…『この清流の生態系を壊す外来種?(-∀-`; )』のような存在であった この あらいめにも「コーディネーター・アドバイザー」なる お役を頂戴てまきることとなり、地域福祉課、健康課、子育て支援課からの3人のコーディネーター(予定者なんすけど… (T_T))を束ねるできることとなりました。


Dsc_4459


で、今日は朝一から、第一回となる会議に参戦して参りました。コーディネーターは単にケアをする、計画を作成する、だけなのではなく、「まちづくり(ソーシャルワーク)」 する者であることを、しっかりとアドバイス、時にインストラクトしていこうと思います。



先日も…子育て支援課さん直営となる障害児相談事業所の皆さんに対し、「相談支援専門員は単に計画を作成する者にあらず」をお話させて頂きました。


Image02


一昨年から取り組んだ協議会改革。あれやこれや…事務局一同で必死に悩んだ結果「目的同一化を捨てた」形でのスタートとなりました。その最たるものご「子ども施策」との距離でした。先の話題の医療的ケア児コーディネーターとの関わりも含め、あらいの中で止まっていた この数年が、『ようやく動き出したのかも…』と思えています。


202


203


ま。そんなに甘いものではないことも、この数年間で痛いほど知りましたが…。師匠、そして秋葉原ふわりん皆さん、しっかりと教えを胸に刻み頑張ります!が、ヘタレゆえ、すぐに泣き言を言うかも…そしたら…泣くほど叱ってくださいませ。(`ー´ゞ



arai

| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

施策推進協議会(的)会議


一昨年度からジタバタ!ドタバタ!してきた障害者自立支援協議会 改革。なんとか骨格は定まり、今後は この形に如何にして「魂」を込めるか!?ってとこに こぎ着けた感じです。



田原市には「施策推進協議会」がありません。ので、障害者計画を立てる地域福祉課が、それを推進する、進捗管理する(自立支援協議会の運営)のも地域福祉課です。

ので、今回の改変の大きなポイントは、市としては公式に設置していない「施策推進協(障害者基本法)」的な会議を勝手に立ち上げ、協議会の中に置く形として、自立支援協議会(障害者総合支援法)としての進捗に関して、緊張感を持ちながらも連携して達成を目指していく。ってことに。

個別支援会議からあがる現場の課題、問題は、事務局を担う障害者総合相談センターが、本来業務として向き合い、協議会としては あくまで障害者計画、障害者福祉計画の推進にシフトする感じで。



我らは、計画(障害者計画もサービス等利用計画も)を作成する人ではなく、目の前にみえる「生きづらさを持ちながら暮らされる人」に幸せを届けることがミッションであるを肝に銘じて、進んでいくという原点に戻ります!(`ー´ゞ

そして。この「そもそも」が重曹的点を見据えていく礎になるよう、思案しながら、その先にある次期計画に繋がるよう、前へ進んでいくことも大事にしながら。

で、個別の支援会議から「まちの課題を抽出」する、それを「見える化して『持ち上げる』」という役割は障害者総合相談センターとして、「そもそも」の責務として、チームで担っていくことの重要性を確認し進んでいきます。


Horizon_0001_burst20210420145956582_cove


個人的に大ハンマーで頭をブン殴れた学び「目的同一化の『幻想』捨てる」形として、「あることに意義」と感じられる部会は整理し、担当部局の所掌事務を守り、押し付けず、押し付けられず、個別の事案毎 丁寧に向き合い対応していきながら、不具合があれば、それはまた改めて議論して創出していく流れと。うちの課以外は大混乱みたいですが。(^-^;)

まだまだ「向かうところ敵だらけ!」感 満載ではありますが、原点に帰り突っ走っていきます。上手くいくや否や…メチャクチャ不安ではありますが、いつも見捨てず ご指示下さる先達・先駆者に習い、倣い、突っ走ります!(`ー´ゞ



ってな思いを持ちながら、共有しながら、マンボウのまちのルールを守り帰路につきました。(^ー^)


Horizon_0001_burst20210421201130744_cove


arai

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

それぞれの「 10年 」


先週、福島県へ。ふたばへ。先の「東三河南部圏域 共生フォーラム」の御礼と、その先の「ふくしま元気玉フォーラム」の振り返りのために。


Line_26001477633486932_20210412223201


いろいろ『記したい。お伝えしたい。』と思い、ここに挑んでみましたが…なにも記しせません。書けません。お伝え出来ることがありません。ボクが記してしまうということは、ここに闘う、挑む皆さんの生き様が軽んじて感じられると。

この「まち」に生きる、闘う皆さんは、これまでの「10年 」という時間を ただ辛いだけの時間と思ってはみえず、「今」という時間を理解し、地に足を付け、5本の指で地面をしっかりと食み(はみ)、夢ある「未来」を目指してみえます。


Dsc_4449


Dsc_4453


Dsc_43402_20210412201301



この まちに生きる皆さんが感じる、
それぞれの「 10年 」の思い。



この時を、共に生きていられることに感謝し、この まちの皆さんに習い、倣い、この軟弱者も、しっかりと前を向いて走りたいと…否、走ります!


Dsc_09512


Dsc_0952



遠藤さん、四條さん、そして「ふたば」皆さん、また 教えてください。また伺います!(`ー´ゞ



遠藤さん ご自慢の…否、心の支えである
「夜ノ森」の桜、残っていてくれました。


Horizon_0001_burst20210408131718243_cove


arai

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »