« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月25日 (日)

HANAMARU PLUS


東三河のローカル情報誌
「 HANAMARU PLUS」に
「 af 珈琲+」を取り上げて頂きました。


20210725_2016422


20210725_201542-1



豊川稲荷前の「まち あるき」のコーナー。
小野!ここまで来たぞ!見てるか!?(T-T)

お世話になる、応援して下さる皆さまに
ほんの少しですが、ご恩返し…出来たかな。
と、スタッフの励みになりますね。(^-^)


20210725_2015423


arai

| | コメント (0)

2021年7月23日 (金)

難題に「挑む会議」の連続


一昨日の話。ここんところ…ジタバタ!ドタバタ!した毎日で『ヘロヘロ… (-∀-`; )』ではあるのですが、朝から気合いが漲らせて灼熱の名古屋市へ、愛知県庁へ。



Center_0001_burst20210721130657834_cover


昨年度一年…コロナ禍ということで全回が文書開催となった 愛知県 障害者自立支援協議会 医療的ケア児支援部会に参戦してまいりました。というか、今年度は医療的ケア児支援法が成立した直後、前日には その立ち役者方々が集結しての勉強会が開催された直後ということで…そりゃ『気合い満タン』ですよね。


Dsc_4578


会議内容の詳細は控えますが、社会資源現状調査の結果、医ケア児コーディネーターの養成状況・配置について等々。概ね『不調』である現状を確認した上で「なんでやろ…どうしたら ええんやろ…」を侃々諤々と。僭越ながら あらいから「各自治体の理解の推進が急務!」であることを、我が まちを例えにしながら…

医療的ケア児に関わる学びを得る度に思っているのですが、今年度は特に!『やり甲斐 ある~!』を実感!研修も、実践も!メチャクチャ頑張ります!(≧▽≦)



ってことで、午後3時過ぎ。県庁での会議を終え、急ぎ向かった先は一宮市。かしの木福祉会へ。あらい自身、この後に連続研修として取り組む虐待防止研修に向かうための「ツボ」というか「核」を知る…理解するために、ASK 同志である 野崎さんを頼り、「現場のリアル」を教わりに。


Dsc_4580


メチャクチャ!ありがたかったです。どこの誰とも分からないボクに対し「リアル」を本音で お伝え頂けました。なんでしょ?この組織の、しいていえば野崎さんの「心根」を痛感出来た時間でした。

「本気で虐待を『0』にするために」に、本気で挑んでいる皆さんとの語らいの時間は、この軟弱者の 奥底で燻っている埋み火に風を送ってもらった気します。ただただ感謝の時間でした。と、あらためて『 team「野崎」』、スゲェ!と感じられた時間でした。



219381391_3035319000059385_7972737828228



一宮市を離れる頃は、すっかり陽が暮れていて…「コロナ禍でなければ、みんなで更に深められる場所へ移動!ってできたのにねぇ。(T_T)」って話を。駅前に設置される「七夕祭り」に纏わる飾りつけを見ながら、泣く泣く解散となりました。(T_T)

一宮市の七夕祭り。愛知県では けっこう有名なお祭りで。ですが、昨年度は中止…。ですが、今年は規模も方法も工夫をしながら開催となっているそうです。『コロナ禍だから中止…ま。仕方ないね。』ではなく、みんなで考え、工夫をしながら開催する。前へ進む。やっぱ大事ですよね。


arai

| | コメント (0)

2021年7月18日 (日)

ふたばを『チーム』で護る


福島県 双葉郡 8町村 連絡会議 & 虐待防止・対応ネットワーク会議で 虐待防止ネットワークの意味と意義について、お話させて頂きました。ナント!一年半の間で5度目の訪問です。玄関先の いわき市に降り立ちました。(・_・;)



Dsc_09742


いつも この圏域で お話させて頂く際に思うのですが、「命懸け」を知る この皆さんにお話するという怖さを感じます。特に昨日は強く。会場は。基幹センター ふたば が先日 お引っ越しを終えたばかりの新天地「楢葉町保健福祉センター」。いよいよです。


217299827_4041605485951932_4431221153338


Screenshot_20210718132145



ふたばを『チーム』で護る
~ 問われる自治体の総合力 ~


今回、実は特別なミッションを与えられておりました。それは、今回が圏域で組織した虐待防止・対応ネットワークの設立とした「決起集会」であり、我らの埋み火に着火すべし、というもの。挑む あらいにも「喝」を入れて頂ける、そんなオーダーでありました。


214214084_674103556806442_37433817502222



主催ではないので、詳細は控えますが。障害者虐待防止法の概論をなぞり、あとは法施行後も 起こり続ける全国の事件から我らの権利意識の希薄さを知り、「本法は虐待者を裁くために法ではなく、未然に防ぐためのチームを組織し「共生の『まち』づくり」を行う」ことこそ、大事なミッションであることを、必死に お伝えさせて頂きました。

「問われるのは、8つの自治体それぞれの動きではなく、8つの自治体が繋がり、行政と福祉だけでなく、この「ふたば」に暮らす住民一人一人で この問題に立ち向かうための思いであること」が、お伝えできていれば安堵します。(・_・;)


会場には、オブザーバーとして、いわきの時實さん、白河の鈴木マーシー君、郡山の佐藤さんら「オール福島」が おみえになり、とても、とっても緊張しました。が、不思議に『守られている』という安心感を持ちました。温かさと共に。いつも感謝です。m(_ _)m



218155407_674103710139760_83999428887096


で、ボクの拙い話をベースに、ふたば のセンター長である遠藤さんが、今回の企画に、ネットワーク化に 込める思いと事案を説明され、ネットワーク・メンバーとの意見交換へ。遠藤さんの、ふたばの思いの強さが伝導されたかの如く、皆さんの発する言葉も熱かったです。メチャクチャ心地よかったです。

とにもかくにも 遠藤さんはじめ「チームふたば」の お役に立てたのであれば幸いですが。m(_ _)m



そして

優さんが耕し、種を撒き、水と光を与え、
懸命に育てた「まち」に、ほんの少しですが
お手伝いをさせて頂けました。

みんなステキです。そして温かいです。
別れ際「次回は『秋』、長野で!」と
約束をして 福島をあとにしました。

優さん。
みんなで「喝」を入れてもらいに。(^ー^)


arai

| | コメント (0)

2021年7月10日 (土)

ふたば・遠藤節 半田市で 炸裂!


昨日。ボクは「鬼の副長」と称させて頂き尊敬する福祉人である、半田市社協 の 前山さんプロデュースで、旧知の友である遠藤さんを招いての「まちづくり」を学ぶ企画に お声掛け頂き、参戦してまいりました。


昨年度末、田原市にて開催した「共生フォーラム」に ご登壇下さった お二人。その時に このフォーラムの意味、意義に感銘を受けて下さった前山さんが『我がまち、我が職員にも!』と企画されたものでした。感慨ひとしおでして。( T∀T)



Triangle_0001_burst20210709145513691_cov



二部構成で。前半は、知多圏域 メグ地域アドバイザーを巻き込み、圏域基幹センターを中心にリモートで。後半は…ここがステキ!半田市社協職員さん全員を対象にしたもので。うらやましい~!( ☆∀☆)


Horizon_0001_burst20210709150652204_cove


Dsc_4562



「皆さんは 自分のまちを愛してますか!?」「この まちに暮らすこと。それは意地!」、そして「まちづくり」「繋がり」…次から次へと繰り出される金言の数々。終了までの時間、身震いが止まりませんでした。

隣で遠藤さんの奮闘を共に見聞きした前山さんも、きっと同じ思いでみえたことと確信します。


Facebook_1625907331941_68195496259931836



部外者ではありますが、遠い まちの あらいにも お声掛け下さり、共に学ばせて頂きました。きっと、どこの 社協さんよりも あらいごときを大事にしてくれる社協さんです。感謝。(^-^)

4ヶ月ぶりに遠藤さんの「魂」に触れました。見た目のスマートさからは想像し難いほどの劇熱を、1時間半を2本 立て続けに終えたあとも、疲れなど微塵も見せることなく前山さん、あらいごときと延長戦に挑む遠藤さんの様に、あらためて「漢」を感じました。



Horizon_0002_burst20210709210408071


arai

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

心地よかった


本日朝一から、8月27日・28日 両日で開催されます 職業リハビリテーション学会さんの愛知大会のミーティングおよびリハーサルに参加でした。<(_ _)>

正に「リハーサル」!リーダーの稲葉さんか進行についての詳細確認や、リモートでの話し方、資料作成のコツなんかも 株)テレワークマネジメントさんから ご教示頂き、ただただ感謝の時間となりました。


186



稲葉さんはじめメンバー皆さん、この新参者に対しても優しく接して下さり、『なんか…居心地…いい~。(^ー^)』って。このメンバー皆さん、そして小松さんの ご期待に添えるよう、必死に挑みます!


188




一日の締めくくりは、ASK 研修 委員会。午前からドタバタしてて ヘロヘロでしたが、老体に ムチ打って必死に議論に付いていきました。会場に近い者は直接に、遠方メンバーは ZOOM という いわゆるハイプリットでの開催。(^ー^)

テーマは「意思決定支援」。先日の総会 & 研修会 で、敏彦先生の激熱を浴びたメンバーとの、質の高い議論と 新たに参戦してくれている若手たちの「志」が知れて、とても、とっても心地よかったです。ですし、何より!『ボクも…やらねば!( `□´)』と気合いを入れられました。(`ー´ゞ



Horizon_0001_burst20210708190319618_cove


Horizon_0001_burst20210708191521639_cove



なにより。『ここがボクの居場所』を実感できました。感謝。


arai

| | コメント (0)

2021年7月 6日 (火)

現任研修 「お初」インターバル


ボク自身「お初」となる 現任研修のインターバルを行いました。そりゃそうですよね。新カリキュラムで始まったものですもんね。受講者さんが その「まち」の基幹センターを訪ね、自身の振り返りで感じた事柄や、更に理解を深めたいことなんかを、今後の関係性を深めるために。みたいなものも持ちつつ。



で、今年度の田原市からの受講者は、日々 共に汗するエース 上谷君 ひとりだったので、「あんたはんは…セルフ・インターバルで!」って伝えておりまして!だって基幹との関係って…酸いも甘いも理解し合うメンバーですもんね。(^ー^)

そしたら上谷君。『サボらせるか。』とばかりに「基幹で『意思決定支援』を更に深く理解する」なんて課題に書いたそう…『してやったり。( ̄ー+ ̄)』って顔でボクを見る…ならば『ほぉ。面白い。受けて立つ!(-_-#)』と あらい。



ってことで。田原市として事前課題を。「どこまで理解しているのか。こちらも測定しなくてはいけないので。1時間。あなたなりの意思決定支援を解説し、メンバーから現場感を持った事例で質疑応答してみなはれ。(o´艸`o)」と。



Dsc_4567


Dsc_4566


で、今日。しっかりと備えた資料を抱え、必死に伝えた後で、センター メンバーから現場感ありありの質問が飛ぶ!飛ぶ~!毎度 ミーティングにご参加してくださる行政からも、障害者計画にも「重点項目」としている意思決定支援だけに、しかも専門職ではないだけに説明の細部に対して質問が飛ぶ!飛ぶ~!(*^▽^*)



Dsc_4568


あらいはといえは、最後の補足と まとめだけで、ボクの「お初」となる現任研修インターバルは2時間半で終えました。なんと言いましょうか…ここまでストイックにインターバルを こなす自治体、あるんでしょうかねぇ~!ヘロヘロの上谷君を見て、そう思った次第です。ま。とにもかくにも…「倍返しだ!」大成功!( ☆∀☆)



っていうか。インターバルは「もう1回」あるんですよね。(・_・;)

今度は協議会をメインにした多職種連携についての…って、これこそ「権利擁護部会」を担い、あらたな「施策推進会議」の核を担う上谷君に…何したらいいんだろ… ま。いいか!とにかく「倍返し!」だ~!( ´艸`)


arai

| | コメント (0)

2021年7月 2日 (金)

令和3年度 ASK 総会 & 研修会(後編)

 


激闘の疲れなど微塵も感じさせない振る舞いで、我ら ASK と昼食の団欒。敏彦せんせいの回りは常に笑顔、そして笑い声。時折見せる荒々しさとは真逆な このさまに、妬ましさを再確認。(^-^)



Dsc_4560


で。後半は、ASK が出ます。まずは野崎さんから演習。「意思決定支援を『阻む』ものは?」をテーマに、2つのワークを。本当はグループワークで深めたいという思いもありましたが、この ご時世、個人で「我がこととして 振り返る」って感じ。


Img_20210627_1256012_20210702123501


皆さんのワークシート。頂きました。この後、ASK で分析し、新たな「意思決定支援コース」の創出の一助とさせて頂くために…

そぅなんです!今年度 ASK の新たなチャレンジは、専門コース別研修に新たに このコースが追加され「7」となるため、苦悩、苦闘を始めます。だからこそ!総会・研修会は敏彦せんせいから意思決定支援を学ぶことから始めなければいけなかったのです。野崎さんが先陣を切り、動き始めたのです!

最後は、その野崎さん、言霊を授けて下さった敏彦せんせい、そして昨年度 新たに ASK に参戦して下さった研修委員の陽一郎さんの お三方でシンポジウム。進行を あらいめが担わせて頂き今日一日を振り返り、明日『何から始めるか!?』を時間イッパイまで。



定刻を5分過ぎたところで閉会へ。知恵熱が出るほど学ばせて頂きました。強く思ったことは、『意思決定支援は特別なものではない。我ら相談支援専門には「そもそも」備わっているもの。そうでなければいけない。これを胸に刻み、ケアマネジメントのプロセスを きっちり踏み、アドボカシー、エンパワーメントの視点を忘れることなく、ご本人に寄り添い続けること。』

今年度、現任研修で あらいが担わせて頂いた このテーマ。必死に語らせて頂いたもの『間違ってきなかった』と確信が持てました。安堵です。



この後、ASK は 専門コース別研修の創出に奔走することとなりますが、間違いなく その各コースの「核」となるものを伝承頂けたと感じます。

と、間違いなく…『今年度…必ずや、『再度』愛知にお出ましいただくこととなろうか…』ということ。きっと!現実のものとなると確信します。敏彦せんせい。また お会いできます日を、メチャクチャ楽しみにしております。また みんなで碧い海を見ながら語りましょう。で、ASKを、軟弱者あらいを鍛えてください。<(_ _)>


Askrogoc_20210702123501



arai

| | コメント (0)

令和3年度 ASK 総会 & 研修会 (前編)


追われている…まだ、追われている… (T_T)


ここへのアップ…一旦、諦めましたが、でも!ボク自身の備忘録として『残さねば!』と思い、書くことに。「今さら?┐(´・c_・` ;)┌」と お思いの方もみえるかと…でも…書く!( ゚ロ゚)!!



ってことで。「コロナ禍」ということで日延べをしたしたが、晴れて!(何とか?)開催に こぎ着けることが出来た「令和3年度 ASK 」総会 & 研修会 が5日前 … (-∀-`; ) に、めでたく!開催まれました!( ☆∀☆)


Dsc_4550


総会は、基本的には会場に お集まり頂くカタチで、一部 リモートを活用しながら。コロナ禍ではありましたが、様々な工夫をしながら奮闘してきた報告と、今後の方向を具体的に 事務局から。我がことながら『えらいことになるなぁ… 』を痛感しながら聞きました。(-∀-`; )





で、総会後の研修会。テーマは「意思決定支援」。ご講義下さいました和泉短期大の鈴木敏彦教授。毎年、総会時に開催される 研修。この1年を串刺しにするテーマ、それを お願いする講師さまについて、 ASKメンバーで侃々諤々と 協議しますが、今年度はとてもスムーズでした。

 

ASK として今年度の新たなチャレンジとなる意思決定支援が「串」であること、これを ご依頼させて頂きたい…お出まし頂かなければならないのは…この方しか「みえないっしょ!ね!( ☆∀☆)」ってことで、国 協会を支える立場にみえ、我ら ASK も長きな渡り お支え下さる「敏彦せんせい しかみえないっしょ!ね!ねっ!(≧▽≦)」ってことに。


982



で。敏彦せんせいのお話。津久井やまゆり園の再生に心底!ご尽力されてみえる せんせいであります。ので、その再生計画をベースとして、そのド真ん中とする「意思決定支援」について、具体的に、分かりやすく、そして何より劇熱!で。


Dsc_4556


詳細は控えます…否、わたくしごときでは要約して お伝えする力がありません。驚愕! Σ(*゚д゚ノ)ノ という表現しか思い浮かばない、講義の質。いつもがら敬服する敏彦せんせいの語りと、受講者皆さんに対し緩急交えながら。我らに対し『使命は!?』と 問い詰められてるいるか、のように畳み掛ける敏彦教授の「覚悟」とも取れる語りに、涙しました。

劇熱の講義の 締めくくり、画面いっぱいに映し出された「意思決定支援のプロフェッショナル集団(専門職)ASKに期待するもの」を前に、敏彦せんせいの熱さを更に増していきました。『「漢」敏彦!』の立ち姿を見ました。そして この締めくくりのメッセージを発したあと、我らに深々と頭を垂れるさまに。


Dsc_4564


敏彦せんせいの お話を聴くと、お話をさせて頂くと、いつも思うことがあります。『この方は、わたしが持っているモノは全て持ってみえる。わたしが持っていないもの全てを持っている…』羨ましいなんてものではなく、ただただ『妬ましい…』と。習います。そして倣うことから始めます。


久しぶりに後編に続く。です。m(_ _)m


arai

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »