« ' 21 触法研修 | トップページ | Child first vol.4(FINAL) »

2021年11月 7日 (日)

その時は必ずくる


平成19年度 後半。愛知県知的障害者福祉協会さんと 我ら ASK 双方の『連携構築の重要性』の思いが…願いが合致し、では その試みとして「連携研修」を協働し創出しようではないか!ということに。


Dsc_0679_20210222234301_20211107203801



年も明け具体的な取り組みについても終盤を迎えた頃、急速に我らをコロナ禍が襲うことに。実施も「ついそこ」と迫っており、強硬実施か?延期か?はたまた中止か?苦悩の中、出した答えは延期になり、しかも期限は定めず…

それでも、無期限の延期であろうと 我らは諦めることなく、対面開催からリモートでの開催と手法を変更し、質を落とすことなく皆さんに「届ける!」という使命を強く胸に刻み、関係する一人一人が個々の質を、ファキリテーションの質を上げ。そしてタイミングを図り…ちょうど一年間の眠りから眼を覚まし、開催にこぎ着けました。


76aa


36_20211107173801


13aaa



1月から3ヶ月間 毎月の開催。全員が力一杯!目一杯!で挑みました。あらい自身、終了の瞬間 涙が込み上げました。ステキな仲間とのステキな時間に 終わりがきたことを痛感し。

充実感はありました。達成感も。しかし。その振り返り、反省、そして慰労も出来ぬまま、時が過ぎていました。何度も企てましたが、その都度 コロナ禍に苛まれ…が、我らは諦めていませんでした。「次に つなぐためには。必ず また集うためには。振り返りの時間が必要!鋭気を養う時間が必要!」と。



先週末。ようやく、振り返りをし、反省もし、互いを労うこともできました。何より「今後も!更に!」を熱く語り、確認することが出来ました。ただただ ステキな時間でした、『また。集える!』を確認できました。


Dsc_4729 


Dsc_4730



コロナ禍を耐え忍び、この時を待ちました。この先の 如何なることがあろうと、我らは両協会の未来を紡ぐために「その時は必ず来る!」を胸に刻みに、前を向き、必死に進んでいきます。皆さん、こう ご期待!(`ー´ゞ



arai

|

« ' 21 触法研修 | トップページ | Child first vol.4(FINAL) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ' 21 触法研修 | トップページ | Child first vol.4(FINAL) »