« ’21 セルフマネジメント 研修 | トップページ | 大晦日に想うこと ´21 (後編) »

2021年12月31日 (金)

大晦日に想うこと ´21 (前編)


令和3年が終わろうとしています。コロナ禍…今まで、さまざまな経験をして、それなりに培った生き方が、全く覆されてしまいました。2年が経った今も尚、ボクと ご本人さんと、そしてセンターの仲間との間にある「仕切り」に慣れる慣れることはなく…真逆に耐えること限界を迎えている感が あります。



Dsc_4258



そんな中ではありますが、ボク自身、本気モードで突っ走ったと言えます。胸を張って『やったったっ!( `□´)』と言えます。『まだまだ』であることは重々承知でありますが、少なくとも「今の自分」は手加減することなく、出し惜しみすむことなく。



昨年から。新たに始まった主任相談支援専門員研修に向かうため、チームを編成し走りはじめていた年明けだったのですが、今年はコロナ禍…泣く泣く中止に。ボクも暫くは放心状態で虚無な時を過ごしました。

が。だからといって走りは「止めん!」と覚悟を決め、この一年を走り始めました。ASK はとにもかくにも工夫をし、本気で備え対面とリモートを併用して専門コース別研修と向き合いました。


982_20211231122901


Dsc_4397_20211231112701


更には、こんなボクを友と読んでくれる野崎さんに呼ばれ、数年前にも課題として与えられた「権利を死守する」のタイトルとする時間に挑みました。



Ccccccc



今年の出来事で一番 印象的な出来事。遠く福島の同志に呼ばれ「未来への布石」をテーマに、この地の「命懸け」を知る方々と『生きざま』について語り合ったこと。玉木さん、優さんの後を受け担わせて頂いた「ふくしま元気玉フォーラム」は忘れることは出来ません。


Screenshot_20210225235138


 Screenshot_20210225235548


Screenshot_202102262307562


これとは別に、ASK の使命を胸に、あらい自身の課題でもあった連携・協働が急務であった知的障害者福祉協会さんとの連携研修を「コロナ禍であっても挑む!」ことに。相談部会と研修委員会の合同チームとリモートでの開催を3ヶ月の連続研修で。終わった瞬間、ASK では感じたことのない感情を持ちました。ステキな時間でした。みんな、ありがとね。

 

1172_20211231113501


気がつけば春を迎えていました。この頃、あらい自身の心に芽生えたのは『長年 お世話になった、育てて頂いた「愛知県での虐待防止研修」には別れを告げる。ここまで 虚仮にされたら…もう知らん。関わらん!』と。まちで擦れ違っても声を掛けないで下さい。

ただ。絶縁は虐待防止研修です。友から、同志から諭されながら…現任研修に突入。何年か前なら「あれもこれも」一まとめとして縁切りと短絡的に答えていたのですが…友に、同志に感謝です。

講義部分は収録でありましたが、演習とセットの部分は LIVE で。3日ある初日を担いました。3コース ありましたので、久々の LIVE の時間を3日も味わえ、とても夢心地でした。3日目の最後の瞬間、これを統括する 友 こじまさんと交わした握手は、きっと忘れることはないことと。


Img_34532_20211231122001


Bbbbbbbbbb


Img_20210825_142008


あと。「就労の師」と仰ぐ J-Net の小松さんにお声掛け頂き、参戦させて頂いた日本職リハ学会での学びは珠玉の時間でしたし、臨床心理士の皆さんとの時間をステキな時間でした。


201_20211231122801


そして、この頃には今年だけで何度目になったんだろう。遠く福島の、双葉の友らと過ごした時間も忘れることは出来ません。「虐待防止ネットワーク」の開設に伴い少しお話を。段々と、こんな余所者のボクは仲間のように接してくださる双葉の、福島の皆さんに感謝です。


Dsc_09512_20211231114001



後編に続きます。


arai

 

|

« ’21 セルフマネジメント 研修 | トップページ | 大晦日に想うこと ´21 (後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ’21 セルフマネジメント 研修 | トップページ | 大晦日に想うこと ´21 (後編) »