« 青森県 | トップページ | 令和3年度 第2回 医療的ケア児部会 »

2022年1月26日 (水)

´21 地域移行 研修


本日は…と書かなければいけないのですが…もう4日も前の話だったりして…(T_T) 今さらではありますが、備忘録としても、書き記しておかねば!(`ー´ゞ

オミクロン株の急拡大もあり、開催に関して、あれこれと、スッタモンダと ありましたが、「この状況下であっても止まるわけにはいかん!」と覚悟を決め、様々な工夫をして ASK 専門コース別研修を実施しました!



ASK 「地域移行・定着」研修
「地域移行支援と意思決定支援の実際」


Aaaaaaaa2


まずは あらいが先陣。この研修の根幹を今年度の串刺しの串「意思決定支援」を絡めながら。「地域『生活』移行」、「意思決定支援」、そして施設入所支援を利用される方の利用可能な社会資源創出のために重要な「地域生活支援拠点」について、基本法から丁寧に。優さんと、敏彦先生の言霊の力をお借りし。m(_ _)m



で、今年度の、今回の「援軍」の登場。ASK に対し意思決定支援の本質と実践を説き続けて下さる 実践者 「やまゆり園」須藤さん。本来は 会場に お出まし頂くはずでしたが、コロナの影響を受け、またしても叶わず…リモートで。

「希望する生活の実現を目指して ~誰のための「意思決定支援」「地域生活移行」~」のタイトルでの実践報告を。「津久井やまゆり園 再生基本構想に基づく意思決定支援の全体の流れを、基本に忠実に実践した その詳細な実践を、そして地域生活移行に大事なこと。


Dsc_48802_20220126224201


まとめに向かい、何度も連呼する「主人公は誰か?」「これからのご本人のために」、そして「今で来ることは多くある。まず知る、知るために視点を変える。共に行いましょう。」と。鳥肌が立ち続けました。時間をリモートでありながらも我らに『ホンモノの破壊力は半端ない!((( ;゚Д゚)))』を強く見せつけて。須藤さん、カッコよかったです。マジで。( ☆∀☆)



昼休憩を挟んでの後半。あらいの拙い根拠に関する話に、自身の実践を ASK 研修委員の中川さんから。「意思決定支援のプロセス(意思形成支援)の大切さ」を実感したという事例報告を。まとめの、ご本人の意思確認ができたら、実現できるための支援を覚悟をもってする。は、ちょっと…カッコよかったよ。(^ー^)


Dsc_48672_20220126224201


そして、これまでの時間を具現化する演習へと繋げ伝えて下さった ASK野崎さん。こちらも実践報告と、それをベースにしてのワークへ。個人、慎重にグループワーク。今年度のテーマとする「意思決定支援 マトリックス」を活用して。ここ…野崎さんのホンモノさ加減にも圧倒された次第。


Dsc_4873_20220126224201


まとめとして。須藤さんに参加者皆さんから頂いた質問に お答え頂き、それを野崎さんが深める時間。この時間、ボクごときは『ただただ ウットリ~ *。・+(人*´∀`)+・。*』。ホンモノの共演、贅沢な時間でした。


Tripart_0002_burst20220123163515846


オミクロン株の急拡大で開催すら危ぶまれたものの、終演の瞬間は爽快感すらおぼえました。ひとえに援軍 須藤さんの漢ぶり のおかげひ。今回こそ久し振りの再会となると信じていましたのに…でも諦めません。 来年度こそ!…否、これからも!愛知県は、ASK は諦めませんからね! よろしくです!(^3^)/


arai

|

« 青森県 | トップページ | 令和3年度 第2回 医療的ケア児部会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青森県 | トップページ | 令和3年度 第2回 医療的ケア児部会 »