« 気づけますか?虐待のサイン | トップページ | ´21 虐待防止・権利擁護 研修 (演習) »

2022年2月28日 (月)

´21 虐待防止・権利擁護 研修


ASK 専門コース別 研修「虐待防止・権利擁護」コースが、23日(祝・水)の昨日 27日に開催されました。今回もリモートで実施…ということも大きかったのですが、我らにとっては それ以上の回となりました。2日間共に感激の時間でした。最後の瞬間には薄っら涙が…それぐらいステキな時間でした。というより…あっという間に終わりを告げました。


Dsc_4898_20220228200401


23日。リモートということでメンバーのみ会場に集結し、2日間の日程の初日「講義」部分を。このコース、毎年 野崎さんと「行政の責務」を 援軍として参戦下さる豊川市 山本参戦と担うのですが、今年度は この援軍が 何ともステキで!涙もの!って感じで。



ASK 専門コース別 研修
「権利擁護・虐待防止」コース


開会。まず。例年であると あらいの役割りであった「虐待防止における相談支援専門員の責務」。ですが、今年度は、研修委員の豊橋市 陽一郎さんが担われました。次世代育成を兼ねてという意味もあり、また正しく概要説明に戻すという意味もあり。企画から この日に至るまで必死に取り組んだ陽一郎さんの時間。


Dsc_48962


しっかりと練りに練り、後備えの野崎さんに鍛えられた陽一郎さん。見事に成し遂げました。本人は「 ASK メンバーが目の前にいる。この環境が何よりキツかったーっ!(*T^T)」とは言っていましたが『なんの。なんの。立派でした。( ☆∀☆)』の思いでした、



で。今年度の「質の向上のための試み」と言うか…行政の責務、ここも例年担って下さった豊川市 山本さんに「実践」を 蒲郡市 西村さんが豊川市 山本さんと共に。

いつものように。山本さんは「相談支援を学んでおいてよかった」という言葉からの入り。この言葉で あらいの心臓は毎年 「ドクンッ!」と大きく脈を打ちます。そして その後は地方自治法、地方公務員法わ「心根」とした使命を。ここまで聴き、毎年 あらいの背筋が伸びます。凄い…否、凄まじい行政マン魂を感じます。


Tripart_0002_burst20220223123638945


そして今年度の試みとして。山本さんの魂を『如何に継ぎ、如何に実践するか』を、蒲郡市 西村さんが。っていうか…なんでしょう。ほんの数年前に担当者となったにも関わらず『ここまで前傾姿勢で職務に、虐待防止に…』と感じさせる『熱』を放出しっ放しの時間に感激した次第。


Tripart_0001_burst20220223132108685_cove



講義の まとめは、やはり この方。野崎さんに託します。「虐待を本気で『0』にするために」と ASK の思いを この言葉に託し、この言葉で この研修を牽引する野崎さんへ。と言いますか、毎年のように「劇熱」の「野崎劇場」といえる時間が。これに留まらず陽一郎さんの話のと連動性を、補足的な意味合いも含めながら。優しさって、こうした「さりげなさ」だと教えられます。


Tripart_0001_burst20220223142725960_cove



そして最終 シンポジウムには これまた研修委員の一宮市 梅本さんが参戦。お二人の行政マンの劇熱の講義を踏まえ、虐待防止センターの吉備と、単に対応協力者としてのみの存在ではない「相談支援専門員の使命と実践」を梅本さんが お話下さいました。的確に、確実に、そして忠実に責務を全うされる姿が眼に浮かぶ。


Ab959b98136e4bb3b444f11e188a516f

Center_0001_burst20220223154509875_cover

ボク自身、シンポジウムのコーディネーターを担うのみで、この皆さんに「おんぶにだっこ」で。世代も官民も、いろんな意味で縦軸と横軸が組上がってお送りすることができたと実感しております。


さぁ。4日の間を空けて真打ち 熊谷さんが登場!そして そこに育てられた若手 研修委員が挑む時間。リモートでとはなりますが「熊谷ワーク」の開演です!ってことで後編。こう ご期待!


arai

|

« 気づけますか?虐待のサイン | トップページ | ´21 虐待防止・権利擁護 研修 (演習) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気づけますか?虐待のサイン | トップページ | ´21 虐待防止・権利擁護 研修 (演習) »