« まちじゅう で「医療的ケア児」支援 | トップページ | 同志は繋がっていくもの »

2022年3月14日 (月)

´21 SV(スーパービジョン)」コース


昨日は、朦朧としつつも蒲郡市へ。今年度、ASKがお届けする専門コース別研修としてはファイル。総会&研修会から始まり、一つ増えたコース「意思決定支援」、そして全6つを数える研修、都合8つの研修のファイナルとなる研修に参戦。

今回も コロナ禍ということもありリモートでの開催ということとなり、ASK メンバーのみで。さすが年度末、しかもコロナ禍ってこともあり『ヘロヘロ感 ヘ(゜ο°;)ノ』満載ではありましたが、眼は死んでいない!濁っていない!メンバー。



昨日は ASK 専門コース別 研修
「SV(スーパービジョン)」コース


「プロセスとしてモニタリングを捉える~モニタリング検証を控えて~」。担ったのは、県のド真ん中でも舵取りを取り続ける こじまさんから午前中にモニタリングについての講義。午後は、研修委員の武豊町 坂本さんの実践事例を通し、如何にモニタリングを行うか!?その本質的な意味を理解するか!?


Dsc_4919_20220314174101


そして まとめに向かい、事例提供された坂本さんを自然に、日常業務としてスーパーバイスする時間。それを見せる…見せ付ける こじまさん。ここの深さ!マジで感激!敬服!する時間でした。



344



こじまさんの講義、坂本さんからからベースとなる実践・事例提供、それをサポートする熊谷さん。ステキ過ぎる連携を見せ付けられました。と、何より、久し振りに聴く「こじま節」は、迫力を増していると感じました。( ☆∀☆)

冒頭に お伝えしましたが、今年度のASKは『増えたコース…貫くテーマの重さ…』に苛まれた一年となりました。間違いなく!鍛えられた!育てられた!ことを実感します。が、同じくらい『助けてくれーっ、(*T^T)』を痛感した一年ではありますが、無事にゴールすることが出来ました。



が…専門コース別は終焉を迎えました。が、まだ ASKの今年度は終わりません。一週間を空けて自主研修を行います。熊谷さんが再度 立ち「ペアレント・プログラムを相談支援に活かす!」 です。まだまだ ASK は走ります!こうご期待!


arai

|

« まちじゅう で「医療的ケア児」支援 | トップページ | 同志は繋がっていくもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まちじゅう で「医療的ケア児」支援 | トップページ | 同志は繋がっていくもの »