« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月29日 (水)

永田町こども未来会議のリアル


数日前。師匠とえださん から「○○日の夜。ひま?来れる?来てくれないと あなたの身に不吉なことが起こるけど。」と連絡が入り…で、今日、大急ぎで移動。(・・;)

不吉なこととは真逆で。師匠が ご一緒されているのは永田町こども未来会議の事務局を担われる、私ごときが同志と呼ぶのは おこがましい 加藤千穂さん、そして愛知の…否、国レベルの猛者である半田市ひなたの物語りの神谷さん、今西さん。(゜ロ゜;ノ)ノ



Received_3205310383041797


詳細は書けませんが、「国」レベルの本気の会議の裏側を お聴きかせ頂き、永田町こども未来会議の本気を お聴きかせ頂き。その 高い志 と「本気」を語る皆さんとの会話とステキなロケーションにステキな時間を過ごしました。まだまだ「本気」を学ばねばの思い。( ☆∀☆)


Received_320886670255272


ですか…明日の会議が山積みで…泣く泣く帰路に。後ろ髪を引かれ、離れ際には肝っ玉まで鷲掴みされながらも帰路に着きました。これで このあと不吉なことが起こるのであれば…甘んじて受けられます!(`ー´ゞ

師匠、ありがとです。頑張ります。


arai

| | コメント (0)

2022年6月25日 (土)

飲み込まれていた「玉木 詣で」


コロナウィルスの襲撃にあい、それまで毎年お伺いしていた尊敬する友人である西宮市の…否、国の 漢 玉木幸則さん詣で でしたが、世相も反映して「中止」したのは 今から3年前。

メディアにも活躍の場が拡がっていますから「万一」でもあれば、大変な ご迷惑を お掛けするから…と日時を決めていたのにも関わらず「延期」したのが 今から3年前。


ですが…『今!伺わなければ!今!お会いしなければ!』と思いたち西宮市へ。漢 玉木幸則 詣でへ。愛知県で開催される全肢連の 全国大会で、玉木さんと共に お役を頂いており、その打ち合わせに。そして延び延びになっている「田原市で お待ちしております。m(_ _)m」の約束を現実のものとするために。


Dsc_05122


西宮駅に着き、『久しぶりやなぁ~ (^ー^)』を実感しながら、迷うことなく待ち合わせの場所へ。すでに 玉木さんが。ステキな笑顔で「お久しぶりです。(^ー^)」と。こんな凄い方が、ボクごときに丁寧に。



許される時間 目一杯!「漢」の生きざまを学んで来ました。コロナ禍に飲み込まれ、延び延びになった時間。いっぱい話を お聴きしました。聞いてもらいました。そして、以前と 何ら変わることなく、いっぱい!いっぱい!笑いました。チュー写真も距離を気にして。そして酔いしれました。(//∇//)


Tripart_0001_burst20220623195112603_cove



この学びを実践することが、この 漢 に対する「唯一無二」の すべだと実感しています。玉木さんありがとでした。9月、そして 11月、この続きをお願いします。頑張ります。(`ー´ゞ


arai

| | コメント (0)

2022年6月17日 (金)

ほんの少しの ご恩返し

Dsc_0255


いつもいつも、様々なことを教えて下さる、導いて下さる全育成の又村さんに対し、ほんの少しですが お役に立つことが出来ました。泣けます。

その時がきたら、お話したいと思います。
もう ひと踏ん張り、頑張ります!(T_T)


arai

| | コメント (0)

2022年6月 9日 (木)

同じ志しを持つ者の全国組織を


「『医療的ケア児等支援』に心、志しを持つ者たちの全国組織って必要じゃない!?」ってな連絡が、師とえだ から届く。ようは そんなメンバーに集まって頂き、フランクに家飲みしながらキックオフ会したいんだなぁ。的なもの。

でも。ボクからしたら『いるよね?だから参加するよね?もし参加しなかったら…ものスゴく不幸になる出来事が起こるかもよぉ。ニヤリ ( ̄ー+ ̄)』としか読めなくて…



ってことで、昨夜開催。師からは 愛知県での医ケア研修の相談チームにも 声掛けしといてぇ~」ってことでしたので、この4年、共に汗をかいている豊橋市 陽一郎さん、一宮市 梅本さん、武豊町 坂本さんらと参戦。重鎮 野崎さん、松井さんは所要で叶いませんでした。

リモートでの開催でしたが、入室直後から緊張ド!マックス!発起人として師匠とえださんと並ぶのは谷口先生、大塚先生まで…( ; ゚Д゚) 更には 各地の猛者が居並ぶ様に、トイレに直行した気分でしたが、愛知県からの参戦組や猛者の中でもボクごときを知ってくださる先駆者の顔を お見受けし、なんとか耐えられた感じで…。



363


ってことで、師とえださんからの国レベルの状況と課題、そして今回に託した思い等が語られ、2時間半のスタート。ブレイクアウト・ルームを使い、小さく枠組みしながら各地の取り組みを本音トークで。ここでの学びを ここで要約して お伝え力は持ち合わせません。申し訳ありません。



メチャクチャ刺激的な時間でした。



こうした時間、メチャクチャ大事だと思いましたし、欲を言うならば「対面で。しかも、皆さんの ご意見の全てを お聴きしたい!」という感覚でした。

今、強く思っていることは…全国組織…必要だということ。孤立することなく理念を共有し、一人で考えるだけでなく全国の同志からヒントを、アドバイスを頂けるそんな機会が、組織が必要だと思っている次第です。(≧▽≦)


arai

| | コメント (0)

2022年6月 5日 (日)

令和4年度 ASK 総会 & 研修会


昨日は、令和4年度 ASK 総会 & 研修会

まずは総会。滞りなく。ただ新人事。立ち上げから共に闘ってきた同志 こじまさんが勇退。そして同じく椙山女学園大学 手嶋教授も。10年以上を共にした同志との区切りの瞬間、その 退任挨拶を聴き、胸に熱いものが込み上げました。長い間 お疲れさまでした。


1654323644374


総会を無事に終え引き続き研修会に突入!


ともに生きる 社会を支える意思決定支援
和泉短期大学 鈴木敏彦 教授


Dsc_50034


「ともに生きる」のTシャツを纏い、優しく軽快な語り口調ながら 時折 みせる敏彦教授の「漢」の様が我らを惹き付け釘付けに。あっという間の90分。あらいは ただただ羨望の眼差し。( ☆∀☆)

津久井やまゆり園、神奈川県での意思決定支援の、それに立ち向かっている敏彦教授らアドバイザーの激闘の様が、その時の熱や息づかいが感じられるほどの実践を、そして その根拠を お伝え頂きました。何度も何度も発せられる「本人中心で!チームで!」という言葉が心に刺さりました。


Dsc_50062

Dsc_5009


その後は野崎さんの演習。昨年度の総会&研修会で敏彦教授から ご教示頂いた意思決定支援マトリックス。野崎さんと熊谷さんがタッグを組み、昨年度一年間、全ての専門コース別研修で必死に取り組んだしたマトリックスをベースに。

 

で、最後は再度 「漢」敏彦教授に ご登壇頂き、軟弱あらいとシンポジウム。会場からの質問に対し明確なアドバイスを下さいました。『まだ お聴きしていたい』という願いも虚しくタイムアップ…


Horizon_0001_burst20220604154202155_cove

285860667_2355989401207513_4914068424147


今回、敏彦教授をお招きしたいと決めた時、「いい加減、自分たちで やりなさい、と叱られるよね。その思いに お応えできるよう、必死に挑もう!学ぼう!」と。ただ この日の時間で『まだまだ学ばせて頂きたい!鍛えて下さい!』と。これが ASK メンバーの総意です。

これに懲りず、また、まだまだ よろしくお願いします。意思決定支援を誠実な実践をASKの使命を心に刻み進みます。鈴木敏彦 ASK新監事さま!( ☆∀☆)


285550655_2196799810473428_6814907958601


arai

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »